ニュース
» 2012年06月08日 22時05分 UPDATE

1970年代のデザインと回路を復刻:ラックスマン、トランジスタ式プリメインアンプの新製品「L-305」発売

ラックスマンから、1970年代をほうふつとさせるデザインのトランジスタ式プリメインアンプ「SOLID STATE INTEGRATED AMPLIFIER L-305」が登場。当時の主力製品に採用されていた帰還回路「ODβ」(Optimized Dual Beta)も採用している。

[ITmedia]

 ラックスマンは、トランジスタ式プリメインアンプの新製品「SOLID STATE INTEGRATED AMPLIFIER L-305」を7月に発売する。標準価格は31万5000円。

PhotoPhotoPhoto トランジスタ式プリメインアンプ「SOLID STATE INTEGRATED AMPLIFIER L-305」

 ノブ類を多用したフロントフェイスと、天然木突き板仕上げの木箱ケースを組み合わせたデザイン。フィードバック回路には、自然な音色を求めた独自の「ODβ(Optimized Dual Beta)」を搭載。現在主流となっている最新のODNF回路をあえて使わず、往年の名スピーカーとの組み合わせや、アナログ全盛時代の名演奏・名録音を当時の雰囲気で堪能できるという。

 連続実効出力は50ワット+50ワット(8オーム)/75ワット+75ワット(4オーム)で、インタフェースにはライン3系統、フォノ1系統(MM/MC切替)、録音入出力1系統、セパレート入出力1系統を用意している。

 本体サイズは400(幅)×169(高さ)×330(奥行き)ミリ、重量は15.0キロ。アルミ製小型リモコン「RA-19」が付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう