ニュース
» 2012年06月12日 22時09分 UPDATE

キャビネットは手塗りです:フォステクス、純マグネシウム振動板採用のスピーカーシステム「GX102MA」と「GX103MA」を発売

フォステクス「GX102/GX103」の後継機が登場。ツィーターに純マグネシウム振動板を採用したほか、外観もピアノ光沢仕上げで高級感を演出した。

[ITmedia]
Photo 「GX102MA」のワインレッド

 フォステクス カンパニーは、スピーカーシステムの新製品として、「GX102MA」と「GX103MA」の2種類を7月末に発売する。

 GX102MA/GX103MAは、それぞれ「GX102/GX103」の後継機にあたる製品。ツィーターを従来のマグネシウム合金振動板から純マグネシウム振動板に変更し、分割振動を分散するリッジドーム型にした。またウーファーにはアルミニウム合金をHR形状に成形した振動板を採用。キャビネットには音響専用CE合板を採用し、塗装は1台ずつ手塗り工程を経て作り出されるピアノ光沢塗装となっている。

 GX102MAはバーチカルツイン構成で、再生限界周波数を下げることよりもボーカルや楽器の基音帯域の充実を目指した作り。フロントグリルには磁石吸着による着脱式ロゴバッジが付属しており、G2000などと組み合わせて横置きのセンタースピーカーとして使うことも可能だ。

 サイズは161(幅)×413(高さ)×268(奥行き)ミリ、重量11キロ。本体カラーはダークブラウンとワインレッドの2色で、価格は1台あたり9万9750円となっている。

Photo 「GX103MA」ダークブラウン

 GX103MAはトールボーイデザインで、ボトムウーファー専用ユニットとボトムウーファー専用ボックスを搭載したことで力強く充実した低音と豊かな中低音、広い音場などを実現したという。

 サイズは228(幅)×1034(高さ)×280(奥行き)ミリ、重量は24.2キロ。カラーはダークブラウンとワインレッドの2色で、価格は1台あたり19万4250円となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう