ニュース
» 2012年06月14日 21時23分 UPDATE

直下型LEDバックライト:画と音が躍動する「ダイナミックレグザ」、32V型で登場

東芝は、パーソナルサイズでありながら、直下型LEDバックライトや開口率を大きくした「ダイナミックフロントスピーカー」を搭載して映像と音の質にこだわった「ダイナミックレグザ32S5」を7月下旬に発売する。

[ITmedia]

 東芝は6月14日、液晶テレビ“REGZA”(レグザ)の新製品として、32V型の「ダイナミックレグザ32S5」を発表した。パーソナルサイズでありながら、直下型LEDバックライトや開口率を大きくした「ダイナミックフロントスピーカー」を搭載し、映像と音の質にこだわったモデル。7月上旬に発売予定で、価格はオープンプライス。店頭では6万円善後になる見込みだ。

ts_dynamicregza01.jpgts_dynamicregza05.jpgts_dynamicregza06.jpg 「ダイナミックレグザ32S5」。スピーカーは前向きで開口率を上げた

 VA方式のWXGA(1366×768ピクセル)液晶パネルを採用。ネイティブコントラストは3000:1ながら、直下型の「ダイナミックLEDバックライト」の明るさをコントロールすることでダイナミックコントラストは460万:1を実現した。映像エンジンの「レグザエンジン」は、バックライトの制御に加えて、超解像技術「レゾリューションプラス4」などの高画質処理に対応。再構成型と自己合同性型の超解像技術を用い、解像度がフルHDに満たない地上デジタル放送やDVDはもちろん、HDMI入力されたアップコンバート映像にも処理を施す。

 外観は、ナローベゼルの狭額デザインをながら、画面下部に配置したスピーカーは大きめ。従来機(32BC3)比で開口率を約2.5倍に拡大し、帯域バランスの良いフルレンジユニットと組み合わせることで、明瞭(めいりょう)で歯切れの良いパワフルな音質を実現したという。スピーカーユニットには、40×120ミリ径の楕円形ユニットを採用している。

ts_dynamicregza012.jpgts_dynamicregza03.jpg 直下型LEDバックライトのイメージ(左)と楕円形のスピーカーユニット(右)

 チューナーは地上デジタル×1、BS/CS110度デジタル×1。USB外付けHDDに対応し、外出中などに録画する「シングルチューナー留守録」が可能。ただし、地デジ録画時にもBS/CS110度の放送局は視聴できる仕様だ。また、毎回の録画予約の手間が省ける「簡単連ドラ予約」、途中で席を外してもさかのぼって番組を楽しめる「ちょっとタイム」、ボタン1つでいつでも最新のニュース番組が見られる「今すぐニュース」などの録画機能も搭載している。

ts_dynamicregza04.jpg 録画時に同時視聴できる放送波

 このほか、デジタル放送波上の時刻情報を利用して正確な時刻をいつでも確認できる「放送電波時計」、テレビを目覚まし時計代わりに使い、心地よい目覚めをサポートする「だんだんタイマー/だんだんオフタイマー」などパーソナルユースに便利な機能も装備。ゲームプレイ時の遅延時間を短縮する「ゲームモード」、リモコンのボタン1つでバックライトレベルを50%もしくは75%オフに下げる「節電モード」なども備えた。

 HDMI入力は2系統。外形寸法は、733(幅)×546(高さ)×145(奥行き)ミリ。重量は5.5キログラムとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.