ニュース
» 2012年06月15日 21時58分 UPDATE

ドルビーヘッドフォン対応:手持ちのイヤフォンも使える7.1ch対応ワイヤレスヘッドフォンシステム「ATH-DWL3300」、オーテクから

7.1ch対応のデジタルワイヤレスヘッドフォンシステム「ATH-DWL3300」が登場。レシーバーからヘッドフォンを外し、手持ちのものを接続することもできる。

[ITmedia]
Photo 「ATH-DWL3300」本体とリモコン、専用ヘッドフォンのセット

 オーディオテクニカは、7.1ch対応のワイヤレスヘッドフォンシステム「ATH-DWL3300」を7月13日に発売する。価格はオープンプライスで、実売予想価格は4万円前後。

 2.4GHzデジタル無線伝送方式を採用し、最長約30メートルの伝送が可能なワイヤレスヘッドフォン。トランスミッター部は、各種サラウンドフォーマットのデコーダーに加え、2chステレオや5.1chサラウンドのコンテンツを7.1chサラウンドに拡張する「ドルビープロロジックIIx」をサポート。バーチャルサラウンド機能は「ドルビーヘッドフォン」の技術を採用した。

 また、カナル型イヤフォンを採用したことで、3Dメガネ利用時にもじゃまにならず使える点も特長。付属のヘッドフォンは直径14.5ミリのドライバーを搭載し、サラウンド音にマッチするよう専用設計を施したものだ。ただし、レシーバー部から着脱が可能になっているため、手持ちのイヤフォン/ヘッドフォンをレシーバーに接続して楽しむこともできるという。

 トランスミッター部には光デジタル入力2系統、アナログ入力、光デジタルスルー出力2系統を用意。外形寸法は、151(幅)×43(高さ)×127(奥行き)ミリとコンパクトで、ラックのちょっとしたスペースに設置できる。ACアダプターが付属する。

 レシーバー部は、32(幅)×100(高さ)×24(奥行き)ミリ、約50グラムのコンパクトなもの。リチウムポリマー充電池を搭載し、連続使用時間は約6時間となっている。なお、レシーバーは手元で操作するためのリモコンも兼ねている。

ts_autec01.jpg 増設用のレーシーバー&イヤフォンセット「ATH-DW-3300RE」も用意

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう