ニュース
» 2012年06月21日 22時54分 UPDATE

映像表示デバイスへ:世界初、住友電工とソニーが純緑色半導体レーザーの開発に成功

住友電工とソニーが、発振波長530ナノメートル帯で100ミリワット以上の光出力を有する純緑色半導体レーザーの開発に成功した。レーザープロジェクターなどに利用できるという。

[ITmedia]
Photo 純緑色半導体レーザー発振の様子

 住友電工とソニーは、発振波長530ナノメートル帯で100ミリワット以上の光出力を有する純緑色半導体レーザーの開発に成功した。世界初。

 住友電工が手がけてきた半極性窒化ガリウム基板と結晶成長・加工技術、そしてソニーがBlu-ray Discなどで培った窒化ガリウム系レーザー技術を生かして共同開発を行った。

 現在のレーザープロジェクターなどで利用されている、赤外光を光学素子により波長変換したレーザーによる緑色表現は、光源が大型かつ高価という課題があった。一方、窒化ガリウム系材料を採用した緑色レーザーは発振波長が520ナノメートル以下で、光出力も数十ミリワット以下であるため、十分な輝度が確保できないという問題を抱えている。

ts_greenlaser02.jpg

 純緑色半導体レーザーは、従来の窒化ガリウム系緑色レーザーの約2倍という高輝度を実現。またNTSC比182%の広色域化も実現したことで、レーザープロジェクターなどの映像表示デバイスへの搭載が期待されるという。両社は今後、さらなる高出力化と高効率化、高品質化を目指した開発を進める予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう