ニュース
» 2012年06月25日 15時08分 UPDATE

JETツィーター搭載:ユキム、ELAC初のアクティブスピーカー「AM180」を発売

ユキムは、独ELAC(エラック)製のアクティブスピーカー「AM180」を7月から順次発売する。最新の「JET III」ツィーターと専用開発のAB級アンプを搭載。

[ITmedia]

 ユキムは6月25日、独ELAC(エラック)製のアクティブスピーカー「AM180」を発表した。ブックシェルフ型の2Wayスピーカーにアンプを内蔵したモデル。ホワイトを7月中、ブラックを8月末に発売する予定だ。価格は各16万8000円。

ts_am180_01.jpg 「AM180」のブラック


ts_am180_03.jpg 背面端子群

 JETツィーターとアルミ/パルプのハイブリッドウーファーを搭載し、それぞれをアンプで駆動するスピーカー。JETツィーターは最新の「JET III」で、「低ひずみとハイスピード周波数レスポンスに優れ、さらに大入力にも強い理想的なスペックを誇る」(ユキム)。なお、AM180に搭載するJET IIIは、前面のプレートをAM180向けに開発した専用バージョン。クロスオーバー周波数は3000Hzとなっている。

 各ユニットを駆動するAB級アンプも専用に開発されたものだ。出力はツィーターが28ワット、ウーファーは55ワット。使用環境に合わせて選択できる調整機能(ACOUSTIC SPACE/ HF TRIM /LF CUTOFF)も備えた。

 入力はアナログ2系統(XLR、RCA)に加え、デジタル3系統(XLR、光、同軸)、また2系統のデジタル出力も用意している(光、同軸)。外形寸法は、290×195×280ミリ。重量は7.8キログラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう