ニュース
» 2012年06月29日 15時33分 UPDATE

東芝、「RZプレーヤー for Android Tablet」の対応レコーダーを拡大

東芝は、「RZプレーヤー for Android Tablet」「RZライブ for Android Tablet」「RZポーター for Android Tablet」のバージョンアップを発表した。

[ITmedia]

 東芝は6月29日、「RZプレーヤー for Android Tablet」「RZライブ for Android Tablet」「RZポーター for Android Tablet」のバージョンアップを発表した。既に無料提供を開始している。

 「RZプレーヤー for Android Tablet」は、テレビやレコーダーに録画した番組を同社製タブレット「REGZA Tablet AT830 / AT570 /AT500」などで視聴できるアプリ。今回のバージョンアップでは、映像の配信元機器として、レコーダー「RD-BZ810」「RD-BZ710」「RD-BR610」「RD-X10」「RD-BZ800」「RD-BZ700」「RD-BR600」にも対応した。なお、タブレット型の対応は「AT830/AT570/AT500」となる。

 「RZライブ for Android Tablet」は、レコーダーやレグザサーバーのチューナーで受信した放送中の番組をレグザタブレットで視聴できるアプリ。バージョンアップでは、画面モード切換機能を追加している。

 「RZポーター for Android Tablet」は、レコーダーやレグザサーバーに録画した番組をタブレットにダビングして持ち出せるアプリ。今回のバージョンアップでは、安定性の向上が図られている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.