ニュース
» 2012年07月03日 23時29分 UPDATE

調整ノブで位置調整:ユキム、ELAC「500LINE」の新製品「FS 507 VX-JET」を発売

ユキムから、独ELAC製のフロア型スピーカー「FS 507 VX-JET」が登場。上位モデル「FS509 VX-JET」の音はそのままにダウンサイジングを実現したという。

[ITmedia]

 ユキムは、独ELACが提供するトップシリーズ「500LINE」の新製品として、フロア型スピーカー「FS 507 VX-JET」を9月より発売する。上位モデル「FS509 VX-JET」と共通のテクノロジーを用い、ダウンサイジングを果たしたスピーカー。価格は2台1組で126万円。

Photo 「FS 507 VX-JET」

 「VX-JET COAX」と呼ばれるミッドレンジとJETツィーターの同軸スピーカーを採用。新たにドライバーのポジションを調節可能にした。

ts_jet.jpg 調整ノブ

 スピーカーの背面側には調整ノブがあり、VX-JETドライバーをバッフルの外側へ8ミリ、内側に8ミリの範囲で動かせる。「それぞれの部屋は音響特性もそれぞれで、同じスピーカーでも異なったサウンドになってしまう。しかし、今日からは、その部屋にスピーカーを適合させることが可能になった」(ユキム)。

 またウーファーには、アルミ&パルプハイブリッド振動板の18センチユニット2基を採用。周波数特性は26〜5万Hz。ターミナルはバイワイヤリングに対応する。

 スパイク/ベース/アジャスト・ノブ部を含む本体サイズは280(幅)×1200(高さ)×413(奥行き)ミリ、重量は30キロ。カラーはハイグロス・ブラックとタバコ・ハイグロスの2種類となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう