ニュース
» 2012年07月04日 13時04分 UPDATE

約1メートルで80インチ:ソニー、短焦点のカジュアルプロジェクター「VPL-BW120S」を発売

ソニーは、カジュアルなホームシアター用途に向け、短焦点レンズにより近距離の投映を可能にした新製品「VPL-BW120S」を7月25日に発売する。

[ITmedia]
ts_vpl01.jpg 「VPL-BW120S」

 ソニーは7月4日、短焦点レンズの搭載により近距離でも投映を可能にした家庭用フロントプロジェクターの新製品「VPL-BW120S」を発表した。スピーカーも内蔵したカジュアルタイプ。7月25日に発売予定で、価格はオープン。店頭では8万円前後になる見込みだ。

 短焦点データプロジェクター「VPL-SW125」をベースに家庭向けにアレンジしたホームシアター用プロジェクター。ソニー独自の3LCDパネル「BrightEra」搭載し、解像度はWXGA(1366×800ピクセル)。80インチスクリーンに約1メートル(1.06メートル)の焦点距離で投映が可能だ。また2ワット出力のスピーカーも搭載しており、HDMIケーブルと電源ケーブルさえ接続すれば手軽に大画面視聴が楽しめるという。本体カラーは、リビングルームにマッチするホワイト。駆動音は29dBに抑えた(ランプ“低”モード)。

スクリーンサイズ 投映距離
100インチ 1.34メートル
90インチ 1.2メートル
80インチ 1.06メートル
70インチ 0.93メートル
60インチ 0.79メートル
50インチ 0.65メートル

 210ワットの光源ランプにより、2600ルーメンの明るさを確保。映像モードには、日中のリビングルームでも利用できる「ダイナミック」、明るい照明で利用する「リビング」、間接光など暗い部屋に適した「シネマ」、ゲームの動きの早い映像に対応する「ゲーム」など6モードを用意した。なお、3D表示には対応していない。

ts_vpl02.jpgts_vpl03.jpgts_vpl04.jpg HDMI入力は1系統。またD-sub 15ピンに付属の変換ケーブルを接続すればコンポーネント端子として利用できる

 入力はHDMI1系統のほか、D-sub 15ピン、S端子/コンポジット入力など。外形寸法は313.4(幅)×160.3(高さ)×349.3(奥行き)ミリ。本体重量は3.7キログラム。リモコンなどが付属する。

news046.jpg

→「VPL-BW120S」をソニーストアでチェックする
80インチの大画面を約1mの近距離で投影できる。迫力あるホームシアターを手軽に楽しめるカジュアルなビデオプロジェクター。価格は7万9800円(税込/予定)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.