ITmedia NEWS >
ニュース
» 2012年07月10日 22時27分 公開

シャープ、“長時間録画ハードディスク”対応のシンプル“AQUOS”「LC-40H7」

シャープは、バッファローの長時間録画ハードディスクに対応したスタンダードAQUOS「LC-40H7」を発売する。

[ITmedia]
「LC-40H7」

 シャープは、液晶テレビ“AQUOS”(アクオス)の新製品として、長時間録画HDDに対応したスタンダードモデル「LC-40H7」を7月20日に発売する。価格はオープン。実売想定価格は9万円前後。

 春に発売した「LC-32H7」と同じH7シリーズの大画面モデル。倍速駆動の40V型フルHD液晶パネルとエッジ式のLEDバックライトを採用した。

 背面のUSBポートに別売の外付けHDDを接続するだけで録画が可能。バッファローのAVCトランスコーダー内蔵HDD“長時間録画ハードディスク”にも対応しており、地上デジタル放送なら4倍(BSデジタル放送は3倍)の長時間録画が行える。内蔵チューナーは地上デジタル×1、BS/CS110度デジタル×1のため、テレビを視聴しながら別の放送局を録画することはできない。

バッファローの“長時間録画ハードディスク”

 HDMI入力は3系統。ほかにD5映像入力、アナログAV入力、USB端子などを備えた。本体サイズは、938(幅)×263(奥行き)×610(高さ)ミリ。重量は14.5キログラム。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.