ニュース
» 2012年07月12日 23時23分 UPDATE

据え置きとポータブル:デノン、“繭”のようなネットワーク対応ドックスピーカー「Cocoon」を発表

デノンは、ネットワーク対応iPodドックスピーカー「Cocoon」シリーズ2機種3モデルを8月中旬に発売する。“繭”のような独特のスタイルが特長。

[ITmedia]

 デノンは7月12日、ヘッドフォン新製品8機種とともに、新コンセプトのネットワーク対応iPodドックスピーカー「Cocoon」シリーズ2機種3モデルを発表した。8月中旬に発売する予定で、店頭では据え置き型の“Cocoon HOME”「DSD-500」が6万円前後、ポータブルタイプの“Cocoon PORTABLE”「DSD-300」が5万円前後になる見込みだ。

ts_cocoon03.jpgts_cocoon04.jpg DSD-500はブラックとホワイトの2色。iPadを接続してもスピーカーをふさぐことはない(左)。リモコンも同じテイストのデザイン(右)

 名称通り、“繭”(Cocoon)のようなスタイルを持ったドックスピーカー。ミニマルなデザインは、欧州のデザインチームを中心に検討を進めたというもので、前面中央にプッシュオープンタイプのiPod/iPhoneドックを装備。操作ボタンはタッチセンサー式だ。

 有線LANもしくはWi-Fi(内蔵)で家庭内ワイヤレスネットワークに接続。DLNAベースのネットワークオーディオ再生機能により、PCやNASから音声ファイルのストリーミング再生が行える。ネットワーク再生の対応ファイル形式は、MP3、WMA、AAC、WAV、FLAC。PCから複数のCocoonに同じ曲を同時にストリーミング配信することもできる。インターネットラジオの視聴(3局プリセット)も可能だ。

ts_cocoon05.jpgts_cocoon06.jpg DSD-500の背面。アナログミニジャックの外部入力とUSB端子を装備(左)。操作部はタッチセンサー(右)

ts_cocoon01.jpgts_cocoon02.jpg 専用アプリは、接続するCocoonを変えると、Cocoonの本体色に合わせて画面の色が変わる

 DSD-500は、10センチウーファーと4センチツィーターによる2Wayスピーカーを搭載。各ユニットを専用のClass Dアンプで駆動するバイアンプ構成とした。出力は各チャンネル25ワット(総計100ワット)。なお、新開発のスピーカーは、駆動時に発生する熱を逃がすベンチレーションホールを設けるなど、音質重視の設計となっている。

 外形寸法は、451(幅)×236(高さ)×170(奥行き)ミリ、重量は5.4キログラム。カラーバリエーションはブラックとホワイトで、それぞれ同色の“繭型”専用リモコンが付属する。

 一方のDSD-300は、持ち運びを想定してバッテリーを内蔵したモデル。本体は堅牢なモノコック構造になっているほか、防滴仕様のためキッチンや屋外での使用も可能だ。背面にはキャリングハンドル、および付属リモコンの収納スペースを備えている。内蔵のリチウムイオンバッテリーにより、約5時間の連続駆動が可能だ。スピーカーは、10センチフルレンジ×2で、内蔵アンプの出力は25ワット+25ワット(Class Dアンプ)。

 本体サイズは352(幅)×180(高さ)×136(奥行き)ミリと据え置き型よりも一回り小さい。重量は3.3キログラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.