ニュース
» 2012年07月13日 18時53分 UPDATE

46V型と55V型:ボーズのオールインワンシアターが進化、「VideoWave II」を8月に発売

ボーズは液晶ディスプレイとホームシアターシステムを一体化した「Bose VideoWave II entertainment system」を8月中旬に発売する。従来より大きな画面の55V型もラインアップした。

[ITmedia]

 ボーズは7月13日、液晶ディスプレイとオーディオシステムを一体化した「Bose VideoWave II entertainment system」を発表した。今回は46V型と55V型の2サイズとなり、8月17日に発売する予定だ。価格は、設置費用込みで46V型が52万5000円、55V型は63万円。

ts_videowave06.jpgts_videowave02.jpg 「VideoWave II」と利用イメージ

 LEDバックライト搭載のディスプレイの背面にスピーカーシステムを一体化。別体のコンソールとケーブルを1本つなぐだけで設置が完了するホームシアターシステムだ。iPod/iPhone専用ドックも付属しており、リビング用オーディオとしても機能する。

ts_videowave03.jpgts_videowave04.jpgts_videowave05.jpg 別体のコンソールとケーブルを1本つなぐだけ(中)。iPod/iPhone専用ドックも付属(右)

 フレームには両モデルともにアルミニウムを用い、55インチサイズではディスプレイの奥行きをより薄く仕上げたという。壁掛け設置も可能だ。タッチセンサー内蔵の電波式リモコン“「クリックパッドリモコン」により、接続した周辺機器の操作をオンスクリーンで行える。

 ディスプレイ背面のスピーカーは計16個。ボーズ独自の低音再生技術ウェーブガイド・スピーカー・テクノロジーと6つの小型ウーファー、そして独自のデジタルシグナルプロセッシングと「PhaseGuide sound radiator technology」が連動し、部屋全体に広がりのあるサウンドを実現するという。部屋の形状や家具の配置を解析し、音場を自動設定する「ADAPTiQ」も備えた。

ts_videowave07.jpgts_videowave08.jpgts_videowave09.jpg 内部構造。スピーカーは計16個(左)。「クリックパッドリモコン」(中)。操作イメージ(右)

 コンソール部は、ドルビーTrueHDやDTS Digital Surround、MPEG-2 AAC、リニアPCM 5.1音声をサポート。HDMI入力は4系統で、ほかにコンポーネント×2、コンポジット×3、光デジタル音声×2、同軸デジタル音声×2などを用意している。

製品名 Bose VideoWave II entertainment system 46 Bose VideoWave II entertainment system 55
ディスプレイ部サイズ(幅×高さ×奥行き)/重量 1127×754×340ミリ/54キロ 1300×856×432ミリ/59.9キロ
コンソール部サイズ(幅×高さ×奥行き)/重量 421×77.5×237.5ミリ/3.2キロ
入力端子 HDMI×4、コンポジット×3、コンポーネント×2、アナログ音声×3、光デジタル音声×2、同軸デジタル音声×2
価格 52万5000円 63万円
発売時期 8月17日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう