ニュース
» 2012年07月20日 22時57分 UPDATE

ラックスマン、トランジスタ式プリメインアンプ新製品「L-507uX」

ラックスマンから、電子制御アッテネーター「LECUA」や高音質帰還回路「ODNF」の最新バージョン3.0を搭載したトランジスタ式プリメインアンプ「L-507uX」が登場。

[ITmedia]

 ラックスマンは、トランジスタ式プリメインアンプの「Xシリーズ」第4弾として、電子制御アッテネーター「LECUA」を搭載した「L-507uX」を発表した。8月下旬に発売予定で、標準価格は45万1500円。

PhotoPhoto トランジスタ式プリメインアンプ「L-507uX」

 1996年に登場したミドルレンジ製品「507シリーズ」を初のフルモデルチェンジ。センターに針式メーターを配したシンメトリカルデザインはそのままに、音量調節時の音質劣化を最小限に抑えるという電子制御アッテネーター「LECUA(Luxman Electric Controlled Ultimate Attenuator)」や、歪性能を大幅に改善した高音質帰還回路「ODNF(Only Distortion Negative Feedback)」の最新バージョン3.0を搭載。さらに、パワーアンプ部ファイナル段の3パラレル化によって、純A級プリメインアンプのフラグシップモデル「L-590AX」並みの負荷対応力を実現したという。

 回路関係では、高レギュレーションの電源トランスと1万μF×4本の大容量コンデンサーを組み合わせたハイイナーシャ電源、低抵抗値かつパラレル構成の大型スピーカーリレー、音声信号を最短ルートで伝送する新設計ビーライン・コンストラクションなどを採用。メカニカル部分では、アース・インピーダンスの上昇をシャットアウトするループレスシャーシ構造、18ミリピッチのRCA入出力端子、インライン(LR同一特性)レイアウトの新開発スピーカー端子といった特徴を備えている。

 出力構成はバイポーラ・3パラレルプッシュプルで、110ワット+110ワット(8オーム)/220ワット+220ワット(4オーム)の連続実効出力を実現。入出力にはライン×4系統、フォノ×1系統(MM/MC切替)、バランス・ライン×2系統、録音入出力×1系統、セパレート入出力×1系統を備えている。

 本体サイズは440(幅)×177(高さ)×454(奥行き)ミリ、重量は23.9キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう