ニュース
» 2012年07月23日 22時43分 UPDATE

ネットワークプレーヤーも追加、デノンのハイコンポ新製品「D-F109シリーズ」

デノンブランドのハイコンポ「D-F109シリーズ」が新登場。新たにネットワークプレーヤーをラインアップし、ハイレゾ音源対応など多様化する再生ソースへの対応力を高めた。

[ITmedia]

 ディーアンドエムホールディングスは7月23日、デノンブランドのハイコンポ「D-F109シリーズ」を発表した。新たにネットワークプレーヤーをラインアップ。ハイレゾ音源対応など、多様化する再生ソースへの対応力を高めた。8月上旬に発売する予定だ。

ts_cdenon01.jpg 「D-F109シリーズ」

型番 概要 カラー 希望小売価格 発売時期
DRA-F109 ステレオレシーバー プレミアムシルバー 4万5150円 8月上旬
DCD-F109 CDプレーヤー プレミアムシルバー 3万7800円 8月上旬
DNP-F109 ネットワークオーディオプレーヤー プレミアムシルバー 4万7250円 8月上旬
SC-F109 スピーカーシステム 木目 4万5150円(ペア) 8月上旬

 幅25センチのコンパクトサイズに「デノンフルサイズコンポーネントの技術と思想を継承した本格派のハイコンポ」(同社)。新たにラインアップされたネットワークオーディオプレーヤー「DNP-F109」は無線LANを内蔵し、DLNA 1.5準拠のネットワーク再生機能に加え、iPhone/iPodのデジタル接続(フロントUSB端子)やUSBメモリーの直接再生、AirPlay、インターネットラジオ、「Denon Remote App」によるリモート操作などに対応した多機能モデルだ。ネットワーク再生ではFLACとWAVで192kHz/24bitまで再生可能。さらにApple Lossless再生に対応するファームウェアアップデートを2012年秋に予定している。

ts_cdenon02.jpg ネットワークオーディオプレーヤー「DNP-F109」

 ステレオレシーバー「DRA-F109」は、DNP-F109からのデジタル出力信号をデジタルアンプでダイレクトに増幅するデジタルプロセッシングを採用した。ほかに2系統の同軸デジタル入力と1系統の光デジタル入力を備え、CDプレーヤーやテレビ、PCなどと接続できる。パワーアンプの出力は65ワット+65ワット。スピーカー出力信号特性は、同シリーズのスピーカー「SC-F109」に最適化しているという。

 なお、D-F109シリーズは単品購入も可能だが、同シリーズのCDプレーヤー「DCD-F109」やネットワークプレーヤー「DNP-F109」を組み合わせた場合、プレーヤー側の操作でレシーバーの電源が自動的にオンになり、入力ソースが切り替わるといったオートファンクション機能、アラームやスリープタイマーなどの機能が活用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう