ニュース
» 2012年07月25日 14時13分 UPDATE

棚におけるミニコンポ:パイオニア、奥行き215ミリのコンパクトCDコンポ「X-EM11」

パイオニアは、エントリークラスのCDミニコンポ「X-EM11」を8月下旬に発売する。コンパクトサイズと低価格が特長。

[ITmedia]

 パイオニアは7月25日、エントリークラスのCDミニコンポ「X-EM11」を発表した。奥行き215ミリのコンパクトサイズが特長。8月下旬に発売予定で、価格はオープンプライス。店頭では1万2000円前後になる見込みだ。

ts_paixem01.jpg 「X-EM11」

 CD再生のほか、FM/AMラジオ、フロントUSB端子を用いてMP3/WMAファイル再生などが楽しめるミニコンポ。内蔵アンプの出力は10ワット+10ワットで、イコライザーや低域を強調するP.BASSなども備えている。外部入力は前面の3.5ミリミニジャックのみ。

 レシーバー部のサイズは、422(幅)×175(高さ)×215(奥行き)ミリ。前面のCDドライブにフロントローディング式を採用したため、棚の中などにも収納しやすいという。重量は1.4キログラム。

 付属のスピーカーは、10センチフルレンジユニットを採用したバスレフ型で、外形寸法は135(幅)×175(高さ)×198(奥行き)ミリ、重量は1.3キログラム/1本。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう