ニュース
» 2012年07月27日 19時55分 UPDATE

半完成品:オペアンプ交換で好みの音に、ポーカロ・ラインからUSB DACキット

ポーカロ・ラインは、オリジナルブランド「KEY Sound」の新製品として、USB DACキット「UDA923KIT」を発売した。

[ITmedia]
ts_poca01.jpg 「UDA923KIT」

 ポーカロ・ラインは、オリジナルブランド「KEY Sound」の新製品として、USB DACキット「UDA923KIT」を発売した。同社オンラインショップのみで取り扱っており、販売価格は1万9800円。

 キットといっても基板自体は完成している“半完成品”。付属のTI/バーブラウン製オペアンプ「OPA2134」2個を装着するだけで音が出せるうえ、市販のオペアンプに交換して音の違いを楽しめるという。ポーカロ・ラインでは適合する市販オペアンプのリストをWebサイトなどで公開している。

 DACチップは同じくTIの「PCM2704」を採用し、サンプリングレートは32/44.1/48kHz。WindowsおよびMacの標準ドライバーで動作するほか、ASIOドライバーの使用も可能だ。インタフェースはUSB 1.1で、バスパワー駆動に対応している。

ts_poca02.jpg

 基板サイズは47.5(幅)×95(奥行き)×16(高さ)ミリ。ケースは付属していないが、タカチ電機工業社の「MX2-6-10BB」や「MX2-6-10GS」が指定ケースになっている(付属RCAジャックへの付け替えが必要)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう