ITmedia NEWS >
レビュー
» 2013年02月18日 10時27分 公開

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:“らしさ”際立つスペシャルモデル、AKG 「K702 65th Anniversary Edition」を試す (2/2)

[野村ケンジ,ITmedia]
前のページへ 1|2       

より“K702”らしさを味わえる、でもエージングはしっかりめに

パッケージ

 サウンドも、なかなかに素敵だ。特性の良い伸びやかな高域と、量感を保ちつつもフォーカス感の高い低域によって、とてもリアリティーの高いサウンドを楽しませてくれる。オープンエアーならではの、いや、この場合はAKGのK70xシリーズならではというべきだろう、自然で広大な広がり感を持つステージングも変わりない。

 あえて違いを挙げるとすれば、イヤーパッドの密閉感向上のおかげか、それともチューニングに多少の変更が加えられているのか分からないが、ノーマルモデルに対して低域がわずかにボリューミーとなり、少しだけ重心の下がった落ち着きのあるサウンドとなった。同時に、抑揚表現も僅かなレベルながらも向上しており、おかげで一段と音がダイレクトに聞こえるようになった点にも好感が持てる。とはいっても、サウンド表現はあくまでもモニター系。「Q701」のような、ヴォーカルの色っぽさ全開のようなサウンドキャラクターとは異なっている。そのあたりは、好み次第といえるだろう。

 ノーマル「K702」とアニバーサリー「K702 65th Anniversary Edition」、どちらを推薦するかといえば、迷わずアニバーサリーの方をオススメしよう。カラーコーディネートは好みによるかもしれないが、装着感が良いことに加えて、イヤーパッドの密閉度向上によって、クオリティー的にもより“K702”らしさを味わえるからだ。限定モデルという魅力も、捨てがたい。

 最後に、K70xシリーズならではの、エージングにかなりの時間を要する点も変わりない。今回の試聴のために48時間ほどのエージングを行ったものの、やっと実力を発揮し始めたいうレベル。存分に楽しむには、200時間以上は必要になりそうだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.