Special
» 2015年03月19日 10時00分 UPDATE

ダイソン「DC74」モニターお宅訪問<第2回>:“散らかって当たり前”の環境が一転、遊び盛りの小学生を引きつけた「ダイソン フラフィ」の吸引力 (1/2)

夫婦共働きで忙しい毎日を過ごす町井さん御一家。掃除の時間をとることも難しかったが、ダイソンのコードレスクリーナー「Dyson fluffy」(ダイソン フラフィ、DC74)が来てからちょっと事情が変わったという。

[PR/ITmedia]
PR

 仕事に忙しい人の悩みといえば、掃除をする時間がなかなか取れないこと。しかも、そこにペットと子どもが加わると、掃除の行き届いたクリーンな住環境はますます遠のくことになる。解決策はとにかくこまめに掃除をすることだが、仕事が終わってからではなかなか掃除する気にはなれないのが正直なところ。しかし、ダイソンのコードレスクリーナー「Dyson fluffy」(ダイソン フラフィ、DC74)なら、そんな悩みも解消できるかもしれない。

ts_dc74dysonmon01.jpg 町井美也子さんと長男の直太くん、ダックスフンドのプリン

 夫婦共働きで忙しい毎日を過ごす町井俊也さん・美也子さんご夫婦は、小学生の直太くんとダックスフンドのプリンを加えた3人+1匹暮らし。今回の「DC74」のモニターには、美也子さんが応募したそうだ。「友人がダイソンのDC62を持っていて、『馬力がある』と絶賛していたので、以前から興味がありました。そこで今回のモニター募集を知り、いい機会だと思って申し込みました」と美也子さん。それまで使っていたのは国内メーカーのサイクロン式掃除機のハイエンドモデルだったが、本体が重く、使うたびにいちいちコードを接続しなければならないのも面倒だった。

 そこでサブ機として日本メーカー製の小型コードレスクリーナーを購入したのだが、今度は逆に吸引力が弱すぎて使いものにならなかった。「いくら軽くて取り回しがよくても、吸引力が足りないと犬がいる家では使えません」と美也子さんは語る。プリンはロングヘアード・ダックスフンドという犬種で、ダックスフンドの中でも毛が長く、毛が生え変わる時期は抜け毛がひどくなる。おまけに食事マナーも「いまひとつ」で、食べ終わる頃には必ずドッグフードが床にこぼれているという。昼間、プリンだけが家にいるという時間もけっこう長く、帰ってくるとまず掃除機をかけるというのが町井家の日課になっているそうだ。

ts_dc74dysonmon02.jpg おいしいです

子どもが自分から進んで掃除するように

ts_dc74dysonmon03.jpg 町井さん宅の玄関で常時スタンバイ状態の「DC74」

 そのような状況で町井さんが「DC74」を使ってみたところ、最初はとにかくその吸引力に驚いたという。「同じコードレスでも、これまで使っていたものとは全然違いますね。とにかく綿埃やドッグフードまでもサッと取れるし、ソファのくぼみに溜まったゴミなども一発で取れます。最初に使ったときは、あまりにもゴミが取れたのでびっくりしました」と美也子さん。「メインで使っている掃除機も吸引力は強いですが、コードレスの使いやすさでDC74に軍配が上がります。デザインが良いので、玄関の脇に設置しておけるのも助かりますね。いつでもサッと取り出して手軽に掃除ができて、それでいてゴミがよく取れるから、掃除に対するモチベーションは確実に上がります」と語る。

 町井家には2週間に一度、ヘルパーさんが掃除に訪れているが、そのヘルパーさんにもお話を聞くことができた。「最初は重そうに見えたけど、使ってみると意外と軽くて、掃除をしやすかったです」。そして町井家にはあともう1人、掃除機の使い手がいる。それは長男の直太くんだ。

 「それまでは頼んでも掃除してくれなかったのに、DC74が来た途端、急に自分から勝手に掃除してくれるようになりました。私は仕事が終わって家に帰ると、いつの間にか掃除しておいてくれるので、とても助かります」と美也子さん。

ts_dc74dysonmon04.jpg 進んで掃除をしてくれるようになった直太くん

 直太くんに心境の変化を聞いてみると、「DC74で掃除をするのは面白い、楽しい」と一言。以前使っていたコード式のキャニスター型掃除機は、本体が大きいため、引っ張るとテーブルの脚などにぶつけてしまうが、DC74ならそんな心配はいらない。また、スイッチがトリガー式で、オン・オフの切り替えがしやすいこともお気に入りのポイントだ。ちなみにトリガー式スイッチはご主人の俊也さんからも好評だとか。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ダイソン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia LifeStyle 編集部/掲載内容有効期限:2015年3月31日

関連リンク