ニュース
» 2016年01月08日 14時00分 UPDATE

400年の伝統工芸とコラボ:「酒が足りないぞ、何やってんの!」 ガンダムとシャアザクの頭が高岡鋳物の「錫製ぐいのみ」に

富山県の伝統工芸「高岡鋳物」とガンダムがコラボした「錫製ぐいのみ」が登場。

[ITmedia]

 バンダイは1月8日、アニメ「機動戦士ガンダム」と400年以上の歴史を持つ富山県の伝統工芸「高岡鋳物」をコラボさせたスズ100%製の「GUNDAM 錫製ぐいのみ」を発表した。同社のショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で予約を受け付ける。ラインアップは、ガンダムとシャア専用ザクの2種で、価格は各8424円。セット購入の価格は1万6848円(いずれも税込/送料・手数料別途)。3月に発送する。

「GUNDAM 錫製ぐいのみ」 「GUNDAM 錫製ぐいのみ」。左からガンダムとシャア専用ザク©創通・サンライズ
使用イメージ 使用イメージ

 高岡鋳物は、加賀藩主の前田利長が高岡に7人の鋳物師を招き、銅合金鋳物の商工業の町として発展した富山の伝統工芸。各機体の頭部をかたどっており、デザイナー大河原邦男氏がデザインと監修を手がけた。

ガンダム ガンダム
シャア専用ザク シャア専用ザク

 本体サイズは、ガンダムが約56(幅)×63(奥行き)×36(高さ)ミリ、シャア専用ザクが約66(幅)×78(奥行き)×36(高さ)ミリで、後頭部に酒を注ぐスタイル。1月23日からはGUNDAM SQUARE、Gundam Cafe各店でも発売する。

高岡鋳物 高岡鋳物とコラボ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10

2017年06月22日 更新
  1. 今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない――バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」 (2017年06月22日)
  2. ピコ太郎さんナゾソングの正体はこれだった! 「レイトン教授」世界10カ国でリアルナゾ解き企画を開催 (2017年06月20日)
  3. ポケモンGOアプリがアップデート、レイドバトルの準備が進む 手持ちのポケモンがデカくなるバグも (2017年06月21日)
  4. 「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値 (2017年06月21日)
  5. 大人の女性にうれしいスマートウォッチ! 小さく軽くなったソニーの「ウェナリスト」――スワロフスキーをあしらったモデルも (2017年06月21日)
  6. ポケモンGOにレイドバトル実装、協力して強大なボスポケモンを倒せ! ジムにも新要素、「わざマシン」など新アイテムも続々 (2017年06月20日)
  7. ヘッドフォンみたいな扇風機「ヘッドホンなクーラー」、サンコーから (2017年06月20日)
  8. 人についてくる赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」 (2017年06月20日)
  9. AI技術がテレビの画質を上げる! 東芝レグザの「AI機械学習HDR復元」とは (2017年06月19日)
  10. 転んでも自分で起き上がるカメラ付きホームロボット「アボットライリー」 (2017年06月21日)