ニュース
» 2017年12月19日 13時41分 公開

VAIO、東映、クラフターが世界初のVR映画事業を開始へ

VAIOは、VRを映画館で楽しめる共同事業「VRCC(VR Cinematic Consortium)」を東映およびクラフターとの3社で開始すると発表した。

[ITmedia]

 VAIOは12月19日、VRを映画館で楽しめる共同事業「VRCC(VR Cinematic Consortium)」を東映およびクラフターとの3社で開始すると発表した。映画館施設を用いた多人数同時鑑賞が可能な本格的VR映画の興行は世界初(2017年12月、VAIO調べ)という。

photo

 ハードウェア技術と劇場興行、コンテンツ制作の3社が協業し、映画館で気軽にVR映画を楽しめる環境を提供する。VAIOはハードウェアの調達や最適化、ソフトウェアとネットワークを含むシステムを開発し、ワイヤレスで多人数が同時視聴できる環境を構築する。東映はシネコンにコンテンツを配給、3DCGアニメーション制作のクラフターはコンテンツを用意する(期初コンテンツは、人気IPアニメや人気アーティスト映像などを想定)。

 この事業は3社に限らず、コンテンツ制作や公開劇場を広く募集する。2018年3月には試験営業上映を開始し、成果を見ながら恒常的な興行を目指す。試験営業で上映するコンテンツなど具体的な内容は、2018年2月にあらためて告知する。

関連キーワード

VR | 映画館 | VAIO | 東映 | 協業


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう