ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年01月17日 17時24分 公開

エレクトロラックス、17年ぶりにロボット掃除機を日本で発売

エレクトロラックス・ジャパンはロボット掃除機「PUREi9」(ピュア・アイ・ナイン)を3月に発売する。フロント部には2つのレーザー発信部と受信用カメラを備え、障害物検知とマッピングに利用する。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 エレクトロラックス・ジャパンは1月17日、ロボット掃除機「PUREi9」(ピュア・アイ・ナイン)を発表した。2001年に初のロボット掃除機「トリロバイト」を発売してから17年ぶりとなる新製品。3月2日から13万円前後(希望小売価格を予定)で販売する。

「PUREi9」(ピュア・アイ・ナイン)と専用アプリ

 ずんぐりとした外観から“三葉虫”と名付けられたトリロバイトは、Electroluxと提携関係にあった東芝が販売を担当した。当時はパナソニックなどの日本メーカーもロボット掃除機の開発を進めていたが、市販されたロボット掃除機としてはトリロバイトが“元祖”だ。

2001年、日本国内では初のロボット掃除機として登場した「トリロバイト」

 17年ぶりの新製品は洗練された外観に進化。角のとれた三角形状により、部屋のちょっとした隙間にも入り込み、壁際まで掃除できるという。フロント部には2つのレーザー発信部と受信用カメラを備え、障害物検知とマッピングに利用する。

中央にカメラ、左右にレーザー発信部を装備。レーザーのメリットは室内が暗くても掃除できること

 掃除を開始したPUREi9は、まずその場で一回転。室内を360度スキャンしてマップを作成する。「部屋全体が見えているため、従来のロボット掃除機のように何度も同じ場所を掃除することはない。家具にぶつかったり、ケーブルに絡まったり、段差から落ちたりするリスクも低い」(エレクトロラックス)

吸引口は本体の前方にあり、サイドブラシで壁際のごみをかき込みやすい。ロールブラシも205ミリと幅が広め
サイドブラシは磁石式のためメンテナンスは容易

 吸い込み口と回転ブラシを大きくし、本体前方にまとめたことも掃除の効率アップに一役買っている。サイドブラシは左側の1本のみだが、他社製品に比べると毛の量が多い。「他社製品はここに落下防止センサーなどがあるため、毛の量を増やせない。PUREi9はそれらの機能をレーザーとカメラに集約したため、効率的な配置が可能になった」

 同社がIEC62929(国際規格)に基づいて検証した結果では、フロアカバー率(一定の条件下で掃除できた床面積)は90%以上と他社製品の平均値以上。ダストピックアップ率(一定の条件下で除去したごみの量)は87%と「他社製品の平均値よりも10%程度高い」という。

ダストカップは700ミリリットルの「特大サイズ」(同社)としてゴミ捨ての頻度を下げた
本体サイズは325(幅)×280(奥行き)×85(高さ)ミリ

 Wi-Fiに対応。スマートフォン向けの「PUREi9 専用アプリ」を使えば、外出先からタップ1つで掃除できるほか、掃除の予約(スケジュール機能)、ロボット本体のソフトウェアアップデートなどが可能だ。エレクトロラックスは「トリロバイト発売から17年。PUREi9は、これまでのロボット掃除機に対する不満を解消した製品」としている。

「PUREi9 専用アプリ」のスケジュール画面。機能的にはシンプルで、他社製品のように掃除履歴やフロアマップを参照する機能は持っていない
製品発表会には俳優の哀川翔さんと女優の高田万由子さんが駆け付けた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.