ITmedia NEWS >
ニュース
» 2018年01月26日 17時45分 公開

Android TV搭載STB「ドコモテレビターミナル」が1月30日発売 4K・HDR対応で1万円台半ば

ドコモの映像サービスを全て楽しめるセットトップボックス(STB)が登場する。4K出力やHDR出力にも対応し、価格は1万円台半ばを見込む。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは1月30日、Huawei製Android TVセットトップボックス(STB)「ドコモテレビターミナル」を発売する。同社が提供する全ての映像サービスを利用可能で、4K・HDR映像の出力にも対応している。ドコモオンラインショップでの販売価格は1万5600円(税別)。

ドコモテレビターミナル ドコモテレビターミナル

 ドコモテレビターミナルは「YouTube」「Google Playビデオ」の他、ドコモが提供する以下の映像サービスに対応している。

 ポート類はHDMI 2.0端子、Ethernet端子(1000BASE-T対応)、USB 3.0端子とUSB 2.0端子を備える。ワイヤレス接続は無線LAN(IEEE 802.11ac/a/b/g/n)とBluetooth 4.2に対応する。

 HDMI端子は4K解像度(3840×2160ピクセル)とHDR(高ダイナミックレンジ)映像の出力に対応している。対応するHDRフォーマットは「HDR10」「Dolby Vision」「HLG」で、後二者は「ひかりTV for docomo」サービス開始時に実施するソフトウェア更新で利用可能となる。

 USB端子にハードディスクを接続すると、ひかりTV for docomoのテレビ番組(地上・BSデジタル放送の再送信を含む)を最大2番組まで同時録画できる。最大3番組まで同時受信できるため、番組録画中にさらに別の番組を視聴することもできる。録画した番組はホームネットワークを介してスマートフォンやタブレットで視聴できる。4月提供予定の専用アプリを使えば、外出先からも録画番組を楽しめる。

 付属のリモコンはBluetooth接続で音声入力用のマイクを備えている。赤外線リモコン機能も備えており、主要なメーカーのテレビを操作できる。

リモコン リモコン(写真)はBluetooth接続で音声入力用のマイクも備える。赤外線リモコンで主要なメーカーのテレビも操作可能だ

 メインメモリは3GB、内蔵ストレージは16GBを備える。本体サイズは107(幅)×107(奥行き)×25.5(厚さ)mmで、重量は209g。OSは「Android TV 7.0」だが、日程未定ながら「Android TV 8.0」へのバージョンアップを予定している。

ドコモテレビターミナルキャンペーン(3月31日まで)

 同社では、ドコモテレビターミナルの発売に合わせたキャンペーンを実施する。

 ドコモテレビターミナルを購入した同月内に「dTV」「dTVチャンネル」「dアニメストア」「DAZN for docomo」のいずれかに新規加入すると、期間・用途限定の「dポイント」が以下の通りもらえる。

  • 「ドコモ光」の新規加入・転用も同月内に行った場合:8000ポイント
  • 「ドコモ光」の既存契約者、未契約者:3000ポイント

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.