ITmedia NEWS >
ニュース
» 2018年02月21日 19時40分 公開

ソニー、バーチャル7.1ch再生のサラウンドヘッドフォン新製品 PS4に合わせた「ゲーム」モードも

ソニーがバーチャルサラウンド対応の宅内用ワイヤレスヘッドフォンシステム「WH-L600」を発売する。「シネマ」モードは、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントが協力。

[ITmedia]

 ソニーは、バーチャルサラウンド対応の宅内用ワイヤレスヘッドフォンシステム「WH-L600」を4月7日に発売する。価格はオープンプライス。店頭では3万円前後(税別)になる見込みだ。

「WH-L600」

 トランスミッター(送信機)を兼ねた充電用ヘッドフォンスタンドとワイヤレスヘッドフォンのセット。スタンド部のHDMI端子で映像機器と接続すれば、最長30mの範囲で映画や音楽を再生できる。ヘッドフォンの増設には対応していない。

充電用ヘッドフォンスタンド。入力端子はARC対応のHDMI入力が1、光デジタル入力が1、アナログのステレオミニジャックが1

 入力信号は2chまたはドルビーデジタル、DTS Digital Surround、AACの5.1chをサポート。独自のバーチャルサラウンド技術「VPT」(Virtualphones Technology)により仮想7.1chを作り出す。エフェクトモードは「シネマ」「ゲーム」「ボイス(ステレオ)」「スポーツ」の4つ。シネマは、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントが協力し、映画制作独自のVPTと組み合わせて映画館の音場を再現するという。ゲームはプレイステーション 4(PS4)に最適化したモードで、ソニー・インタラクティブエンタテインメントのサウンドデザイナーが監修した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.