ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年04月02日 14時44分 公開

音楽配信「AWA」にFire TV専用アプリ登場 Alexa対応スキルも

音楽定額配信サービス「AWA」で、ストリーミング端末「Fire TV」専用アプリが登場。音声アシスタント「Alexa」のスキル「AWAステーション」の提供も始まった。

[ITmedia]

 音楽定額配信サービス「AWA」を運営するAWAはこのほど、Amazon.comが提供するストリーミング端末「Fire TV」専用のアプリを公開した。Fire TV利用者は、テレビに搭載・接続したスピーカーから音楽を流せる他、楽曲チャートのチェック、プレイリストの作成ができる。「テレビを見るのと同じように世界中の音楽を楽しめる」という。

photo Fire TVでAWAが利用可能に

 また、音声アシスタント「Amazon Alexa」のスキル(機能)「AWAステーション」も提供している。Amazon EchoなどAlexaに対応したスマートスピーカーに「アレクサ、AWAステーション人気の曲を流して」などと話し掛けると、音楽を再生できるようになった。AWAアカウントと連携すれば、作成したプレイリストやお気に入りに追加した楽曲も音声操作で流せる。

photo AWAは「Amazon Alexa」対応のスマートスピーカーでも利用できる

 AWAは、サイバーエージェントとエイベックス・グループが共同出資するAWAが運営する国内最大級の音楽配信アプリ。スマートフォン(iOS/Android)やPCで利用でき、月額960円(税込)の有料プラン「Standardプラン」と、一部機能を制限した無料プラン「Freeプラン」を用意している。約4500万の配信楽曲と約1000万のプレイリストを備え、アプリの累計ダウンロード数は1500万以上(2018年1月10日時点)という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.