ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「高橋名人」最新記事一覧

スーパーファミコンの名作から怪作タイトルまでをレビュー ミニスーファミ発売を記念した本「超スーファミ」が登場
ミニスーファミ収録タイトル以外にも多数のゲームレビューを収録。(2017/9/10)

音楽界の高橋名人現る 「ピアノ高速連打」の世界ギネス記録、ポルトガルで大幅更新 1分間に824回
なお、鍵盤の改造は行っていません。(2017/6/10)

高橋名人、「しくじり先生」で紹介したハドソンの職場環境をフォロー 「悪く言うのは絶対にやめて」
今では認められがたい働き方ですが、仕事に誇りを感じていたそう。(2017/5/29)

次回「しくじり先生」に高橋名人出演決定 「実はゲームが超下手」「スーパーマリオは1-3までしか行けない」など空前絶後の暴露連発
「お前今日から高橋名人な」と、突然名人になってしまった青年の悲劇。(2017/5/23)

80年代の小学生の部屋を再現した写真がスゴイ 懐かしさで思わず声出そう
(2017/5/23)

「16連射ミュージックビデオ」とは……? RPG系バンド 魔法少女になり隊、高橋名人リスペクトMV公開
これ、難しいぞ……!(2017/1/20)

インフルエンサーマーケティング新時代:
「マイクロインフルエンサー」のビッグな訴求力に注目せよ
影響力のある個人の情報発信が消費にレバレッジをかける。いわゆる「インフルエンサー」と組んだマーケティング活動が注目されて久しい。スマホ時代に進化するインフルエンサーマーケティングの新潮流とは?(2017/1/17)

アニメ「Bugってハニー」が地上波再放送 30周年プロジェクトとして劇場作品の上映イベントも
そのほか総集編DVD、サウンドトラックなどの発売も。(2016/10/3)

「おぼっちゃまくん」22年ぶりに復活ぶぁい! 「コロコロアニキ」第6号に新作掲載 人気回を収録した付録も
「茶魔語辞典」も同梱。そんなバナナとか言ってたなあ。(2016/7/15)

高橋名人が語る:
ファミコンブームの終息と、日本ゲーム業界への提言
1983年に登場したファミコンは、発売から20周年となった2003年に生産を終了しました。連載最終回では、ファミコンブームの終息と、今後の日本のゲーム業界に対する私なりの考えをお伝えします。(2016/7/14)

高橋名人が語る:
高橋利幸が「高橋名人」になった日
ファミコンブームの訪れとともに誕生した「高橋名人」。ハドソンの宣伝部に所属する一社員がどのような経緯で名人へと生まれ変わったのでしょうか。当時の裏側のエピソードを交えて高橋名人が語ります。(2016/5/25)

5月23日:“16連射”でおなじみ、高橋名人の誕生日
(2016/5/23)

高橋名人が語る:
ファミコンブームの誕生とハドソン成功の理由
任天堂が発売した家庭用ゲーム機「ファミコン」は、80年代を代表する社会的な大ブームを巻き起こしました。どのようにしてそのブームはでき上がっていったのでしょう? その裏側にあったものとは? 立役者の一人である高橋名人が語ります。(2016/4/14)

セキュリティ・アディッショナルタイム(3):
絶対に負けられない戦いで負けない人材を育成するさまざまな取り組み
アスリートの育成には、トップレベルの選手の育成と裾野の拡大の両方が必要だ。セキュリティ人材の育成にも同じことが言えるだろう。今、国内では人材育成を目的に、それぞれの問題意識に沿った特色を持つさまざまな取り組みが進んでいる。(2015/8/26)

どう見ても「高橋名人の冒険島」じゃないか! 大幸薬品のゲーム「ラッパのマークの冒険島2015」がデジャブ1000%だった件
舞台は南の島。(2015/8/7)

「ファミコンに育てられた」ファミコン芸人・フジタに聞く10の質問
ファミコンソフト2万本超を所有し、ゲームソフトに関するレビュー本を出版するほどのゲーム好きで知られる芸人のフジタさん。そんなフジタさんに「ゲーム好きでよかったことなど」10の質問に答えてもらった。(2015/7/11)

予告編公開! ドキュメンタリー映画「ビデオゲーム THE MOVIE」
約40年……。いくつ覚えている?(2015/5/13)

誠編集部員が振り返る、年間ランキング総集編:
8年間ありがとうございました! Business Media 誠8年分PVランキング
2007年4月にスタートしたBusiness Media 誠は、2015年3月31日に終了し、4月1日から「ITmedia ビジネスオンライン」になります。誠としての最後の記事となる本記事では、8年間の記事ランキングをまとめて振り返ります。2013年まで在籍していた堀内(元)記者にも参加してもらいました。(2015/3/31)

裏技第2弾は高橋名人でおなじみの“16連射” 「SUUMO」アプリ担当者が隠しコマンド実装秘話を語る
“裏技”としてコナミコマンドを実装したことで話題になった、物件検索アプリ「SUUMO」。実はその他にもゲーマーがニヤリとできる裏技が盛り込まれていたことが判明した。(2015/1/26)

高橋名人8ビットサウンドもハイレゾ化だ:
「STEINS;GATE」からPCエンジン「卒業」まで、「5pb.Records」レーベルのハイレゾ音源配信を開始
アニメ・ゲーム音楽専門レーベル「5pb.Records」のハイレゾ音源配信が始まった。第1弾は「STEINS;GATE VOCAL BEST/VA」など4タイトルで、e-onkyo musicとmoraにて行われる。(2014/10/22)

なんだこれ! 「待ちガイル」専用ゲームが登場
コラじゃないんだなこれが。(2014/8/14)

NHK-FM「今日は一日“ゲーム音楽”三昧」第2弾、8月に 司会・高橋名人 ゲストにすぎやまこういちなど
「今日は一日“ゲーム音楽”三昧」が帰ってくる。高橋名人やすぎやまこういちさんなど豪華ゲストを迎え、8月10日の午前0時15分から10時間以上にわたって放送される。(2014/7/4)

伝説のラジオ番組が4年ぶりに復活! 「今日は一日“ゲーム音楽”三昧 ツヴァイ」が8月に放送決定
高橋名人が出演します。(2014/7/3)

高橋名人が会社「ドキドキグルーヴワークス」設立 肩書きは「代表取締役名人」に
パワーアップ感がすごい。(2014/6/5)

PR:いよいよもって割れるがよい ARROWS Aで「100万のタマゴ」にガチ勝負を挑んだ結果……【ネタバレ】
大ヒットアプリ「100万のタマゴ」にねとらぼ編集部が挑戦の巻、完結編。今度こそ100万回タップ成功なるか!?(2013/7/29)

「例のプールで撮影会」「マグロ解体ショー」「神崎かおりオフ会」――ニコニコ感謝祭のプレゼントがカオス
「高橋名人とスイカ割り」「200万円のハワイ旅行」など謎のラインアップ。(2013/6/26)

PR:100万回タップしないと帰れま10 スマホアプリVS16連射のあの人
Android発の大ヒットアプリ「100万のタマゴ」に、ねとらぼ編集部が本気で挑戦。16連射でスイカを割った“あの人”も登場!(2013/5/31)

5月23日は「キスの日」! その由来は?
「キスの日」の由来とは。(2013/5/23)

高橋名人の16連射は無意味? Twitterの指摘に名人が真相を話す
ファミコンの性能的に15回以上無駄でしょ→そんなことなくね?→高橋名人「こういうことです」の流れ。(2013/5/17)

年末特別コラム:
独断と偏見で選ぶ! 2012年、ゲーム業界今年の10大ニュース
極々私的にゲーム業界の1年の動きを振り返ってみました。(2012/12/28)

高橋名人がMAGES.入り
ゲームメーカーの垣根を越えたゲームプレゼンターとして活動する。(2012/10/9)

NTTドコモに聞く「L-06D JOJO」:
第3部 「増産は絶対にできない」けどプロモーション、容赦せん!――ジョジョスマホの伝え方
ジョジョスマホ「L-06D JOJO」は予約開始と同時に、多くの店舗で開店前から完売状態になるなど注目を集めている。それだけに、1万5000台という少なさが気になる。今回はプロモーションに対する考えや、ジョジョ愛が高じて他部署から参加した鹿島氏に焦点を当てた。(2012/8/24)

「実は俺ってゲームがうまくね?」 プレイヤーの学習能力をさり気なく引き出す巧妙な仕掛け
なに? すべて開発者の手のひらで踊っていたとでもいうのか!? 経験値がゲームを面白くする。(2012/6/29)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第18回:「待って、もう1回!!」――いつの間にかゲームがやめられなくなるフシギな呪文PART2
リスタートの仕組みのスッゴイしかけ。「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の18回目は、続けたくなる“魔法の言葉”について。(2012/4/9)

ゲッチャTV ガジェット出張所:
高橋名人、変装してイベントに潜入
最新ゲーム情報番組「ゲッチャ!」2012年2月17日放送分は、「ソーサリアンFor iOS」「NEW ラブプラス」「バイナリードメイン」の3本立て。(2012/2/22)

ゲッチャTV ガジェット出張所:
「GRAVITY DAZE」って初見タイトル覚えられませんよね
最新ゲーム情報番組「ゲッチャ!」2012年2月3日放送分は「GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動」と「ぎゃる☆がん」の2本。タイトルが長いのと短いのです。(2012/2/8)

日々是遊戯:
ハドソンのマークはなぜ「ハチ助」なの? トリビアで振り返るハドソンの歩み
またひとつ、ゲーム業界から老舗の看板が……。3月1日付で解散となることが発表されたハドソンですが、ファミコン世代にとっては単なる1メーカーという以上に思い入れの深いメーカーでした。(2012/1/18)

Twitterで「#おまいら思い出のハドソンのソフト晒していけ」 懐かしのソフトが勢ぞろい
3月1日付けで消滅することが明らかになったハドソン。Twitterでは同社の思い出のソフト名をつぶやくハッシュタグ「#おまいら思い出のハドソンのソフト晒していけ」が盛り上がっている。(2012/1/18)

D89クリップ(35):
【@ITスマートフォンアプリ選手権レポート】 学生からプロまで入り乱れてのアプリ合戦頂上対決!
スマートフォンアプリ選手権の決勝大会がお台場で開催され、予選を勝ち抜いたアプリとその作者が集合。面白プレゼンで盛り上がったイベントをレポート(2012/1/13)

年末特別コラム:
独断と偏見で選ぶ! 2011年、ゲーム業界今年の11大ニュース
なんで11大ニュース? それは今年が2011年だから! きわめて私的にゲーム業界を振り返ってみました。(2011/12/27)

高橋名人入籍――照れながらも喜びの報告
12月9日、司会を務める生放送内で入籍を発表した高橋名人。一夜明け、自身のブログでも公式に入籍を明らかにした。(2011/12/10)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
最終回直前スペシャル! なぜこれらのゲームは取り上げられなかったのか?
連載第96回では、これまで6年間の連載の中で、候補に挙がりながらまだ取り上げられていないゲームについて語ります。かなりの有名作品でも、わたしが大好きなゲームであっても、取り上げられない理由がそれぞれにあるのです。(2011/11/18)

ゲッチャTV ガジェット出張所:
日本一ソフトウェア初参戦 生放送はいかがですか?
最新ゲーム情報番組「ゲッチャ!」2011年10月21日放送分は、「FINAL FANTASY 零式」「魔界戦記ディスガイア4 フーカ&デスコ編はじめました。」をお送りします。(2011/10/26)

高橋名人と行く「剣と魔法のログレス」は今夜生放送
高橋名人は究極のノービスを目指すのか? 今夜「剣と魔法のログレス」に新米冒険者・高橋名人が降り立つ。(2011/10/12)

ゲッチャTV ガジェット出張所:
名人、親指立ってます
水口哲也氏も来訪した最新ゲーム情報番組「ゲッチャ!」2011年10月7日放送分は、「Child of Eden」「The Gunstringer」「TENKI」を紹介。(2011/10/11)

高橋名人が登場! MMORPG「剣と魔法のログレス」の世界をお届け
「16連射」でおなじみの高橋名人をゲストに迎え、このほどオープンしたMMORPG「剣と魔法のログレス」を紹介する番組。番組ホストはデジタルガジェットの情報サイト「ITmediaガジェット」の加藤亘編集長。配信は10月12日21時0分〜。(2011/10/7)

ゲッチャTV ガジェット出張所:
つい視線が別のところへ……
最新ゲーム情報番組「ゲッチャ!」2011年9月30日放送分は「真・三國無双6 猛将伝」と「ラグナロク〜光と闇の皇女〜」をお送りします。(2011/10/4)

ゲッチャTV ガジェット出張所:
高橋名人とロックメンの夢のセッション
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2011年9月9日放送分は、ダークファンタジーRPG「ダークソウル」を紹介。(2011/9/16)

椿姫彩菜と高橋名人ゲッチャ!:行く前にチェックしておきたい!  東京ゲームショウ見所リポート!
高橋名人と椿姫彩菜のゲームトークショウ「ゲッチャ!」で「東京ゲームショウ2011」を総力特集。高橋名人のリポートで、コンシューマゲームを中心に各社ブースの見所や注目のタイトルを紹介する。配信は9月16日19時50分〜。(2011/9/16)

D89クリップ(26):
第5回おばかアプリ選手権レポート 見よ! コレジャナーイアプリの数々を!
5回目のおばかアプリ選手権は、ありえないほどできのいいおばかアプリたちを、コレジャナーイロボ作者と堪能した。あなたのコレジャナーイは?(2011/9/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。