ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

CMOS に関する記事 CMOS に関する質問

「CMOS」最新記事一覧

Complementary Metal Oxide Semiconductor
-こちらもご覧ください-
「デジカメならでは」の活用法を分かりやすく提案 - ITmedia デジカメプラス

FAニュース:
パナソニック デバイスSUNX、1/100mmオーダーのマイクロレーザ測距センサー発売
高精度CMOSイメージセンサーと独自のアルゴリズムで、1/100mmオーダーの高精度で検出。大きさは幅20×奥行き25×高さ44mmと業界最小クラスになっている。(2014/4/18)

INBYTE、ソニー製CMOSセンサー「Exmor」搭載のドライブレコーダー最上位モデル「CR-2000S」
INBYTEは、ドライブレコーダー「FineVu」シリーズの最上位モデル「CR-2000Sシリーズ」を発売する。ソニー製CMOSセンサー「Exmor」を採用し、フルHD録画や夜間撮影時の画質を向上させた。(2014/4/8)

FAニュース:
キヤノンが産業用カメラ市場に参入――デジタル一眼レフのCMOSセンサーを応用
キヤノンは、デジタル一眼レフカメラでも使用している独自のCMOSセンサー技術を応用した検査装置用の静止画像入力カメラを発売。新製品により検査工程向けの産業用カメラ市場に参入する。(2014/3/20)

FAニュース:
アルゴ、超小型HD-SDI/3G-SDI出力可能な好感度カラーカメラ「IMC-922」
ソニー製フルHD解像度CMOSセンサーを搭載。720p60fps, 1080p30fps, 1080i60fps, 1080p60fpsで出力可能。(2014/3/19)

FAニュース:
アートレイ、USB2.0の1000万画素カラー超小型CMOSカメラを発売
ボードカメラタイプも用意する。数量により白黒タイプも製造可能。(2014/3/3)

FAニュース:
オムロン、画像処理システムFHシリーズにハイスピード1200万画素カメラを追加
ハイスピードCMOSカメラはカラーとモノクロの2機種。センサーコントローラもバージョンアップし新たにOCR機能を追加。(2014/2/7)

ソニー、ルネサス鶴岡工場を買収 スマホ向けCMOSセンサー増産へ
ルネサスの鶴岡工場をソニーが買収。スマートフォンやタブレット向けCMOSセンサーの生産能力を増強する。(2014/1/29)

ビジネスニュース 企業動向:
新日本無線とUMC、アナログIC向け製造プラットフォームを共同開発
新日本無線とユー・エム・シー・グループ・ジャパンは、アナログIC向けの製造プラットフォームを共同開発している。新日本無線はこの技術をもとに、オペアンプや電源ICなど50製品を製品化してきた。さらに車載機器や産業機器向けを中心に、30製品を新たに開発していることを明らかにした。会見ではこの成果の一例として、低ノイズと低パワーを両立させたCMOSオペアンプの開発を挙げた。(2014/1/22)

実はとってもお買い得 「FUJIFILM X-A1」をX-M1と比べて試す
富士フイルム「FUJIFILM X-A1」はシリーズ中ではローエンドを担うモデル。X-Trans CMOSを搭載しないことから廉価版というイメージを持たれがちだが、先行するX-M1と同等に近い描写能力を持つカメラだ。(2014/1/8)

東芝、フルHD・240fps相当の動画をスマホで撮影できるCMOSセンサー技術を開発
スマートフォン向けCMOSセンサー技術として、毎秒240フレーム相当の動画撮影を可能にする高速化技術「ブライトモード」を東芝が開発した。(2014/1/7)

車載半導体:
東芝のバックモニター向けCMOSセンサーはTSV技術で30%小型化、HDR機能も搭載
東芝の車載カメラ向けCMOSセンサー「TCM5126GBA」は、TSV(シリコン貫通電極)技術の採用により、従来品と比べて実装面積を約30%削減している。逆光条件でも被写体を高品質に撮像できるハイダイナミックレンジ(HDR)機能も搭載した。(2013/11/13)

FAニュース:
Adimec、1200万画素で66fpsの画像計測システム向け高速CMOSカメラ「Q-12A65」を発売
検査・画像計測装置向けの高性能・高解像度なCMOSカメラ。解像度1200万画素で66fps。高い画像均一性、高感度、ハイダイナミックレンジなどの機能に優れている。(2013/11/12)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
「Xperia Z1」カメラ 画質レビュー編――「iPhone 5s」と比べてどちらがキレイ?
ソニーモバイルの「Xperia Z1」は、サイバーショット(の主力モデル)と同じ、1/2.3インチの裏面照射型CMOSセンサーを搭載した。とうとうデジカメと同じ撮像素子を積んできたわけだ。ではiPhone 5sと比べると、どちらが高画質なのか?(2013/11/11)

新日本無線 NJU77806:
「業界最高の低ノイズ特性」を誇る低消費電流CMOSオペアンプ
新日本無線は、消費電流2mA以下クラスのローパワーCMOSオペアンプとして、「業界最高の低ノイズ特性を実現した」(同社)という「NJU77806」を発表した。設計改良の他、新製造プロセスの適用により、ローパワーとローノイズを両立した。(2013/10/31)

写真で見る 「FUJIFILM XQ1」
シリーズ最小ボディにF1.8レンズ、像面位相差AFのX-Trans CMOS IIと最新技術を詰め込んだ「FUJIFILM XQ1」を写真で紹介する。(2013/10/30)

「世界最速AF」実現、高い解像感と機動性を楽しめる「FUJIFILM X-E2」
独自の「X-Trans CMOS II」センサーと点像復元などで高い解像感を味わえ、AF速度も「世界最速」まで高めた「FUJIFILM X-E2」を富士フイルムが発売する。(2013/10/18)

F1.8レンズに像面位相差AFそしてローパスレス、手のひらにのる高級機「FUJIFILM XQ1」
富士フイルムがFUJIFILM Xシリーズの新製品、コンパクトデジカメ「FUJIFILM XQ1」を発売する。シリーズ最小ボディにF1.8レンズ、像面位相差AFのX-Trans CMOS IIと最新技術を詰め込んだ。(2013/10/18)

Z1の高機能が、4.3インチと幅65ミリの手のひらサイズに――「Xperia Z1 f SO-02F」
ソニーモバイルのXperia Z1に小型モデルが登場した。ドコモが発売する「Xperia Z1 f SO-02F」は、2070万画素CMOSカメラやトリルミナスディスプレイ for mobile、X-Reality for mobileといった機能を、4.3インチ、幅65ミリのボディに凝縮させた。(2013/10/10)

ルネサス RX631グループ:
ルネサス、白物家電などでカメラ機能を簡単に実現するマイコンを発表
「RX631グループ」は、CMOSカメラモジュールの接続を容易にするPDC(パラレルデータキャプチャユニット)を内蔵した32ビットマイコンである。カメラ機能を搭載する白物家電や自動販売機、宅内用簡易監視カメラといった用途に向ける。(2013/10/8)

ソニーの技術を結集した新しいカメラを搭載、フルセグにも対応する「Xperia Z1 SOL23」
ソニーがIFA 2013で発表した「Xperia Z1」が、au向けにも投入される。2070万画素CMOS、F2.0の「Gレンズ」、画像処理エンジン「BIONZ for mobile」といった高性能なカメラ機能に加え、au版はフルセグやFeliCaも搭載している。(2013/10/2)

ピント合わせは撮った後でも──2眼式で実現するスマホ用カメラモジュール、東芝が開発
撮影後でもピント合わせが可能になるカメラモジュールを東芝が開発。2個のCMOSセンサーで被写体との距離を計測して、撮影後にピント合わせやぼかしなどの加工を可能にする仕組みだ。(2013/9/27)

スマートフォンやタブレットPC向けに:
2つのカメラと画像処理LSIで、撮影後のピント合わせ・ぼかし加工を実現――東芝
東芝はスマートフォンやタブレットPC向けに、4分の1インチ500万画素のCMOSイメージセンサーを2個搭載したカメラモジュール「TCM9518MD」を製品化する。専用画像処理LSIと組み合わせることにより、被写体との距離情報を測定・出力。撮影後の画像フォーカスの調整や被写体抽出が可能になる。(2013/9/26)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第26回 TSV実用化に向けて
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第26回は、第25回に引き続きTSV(Through Silicon Via)について取り上げる。話題先行で実用化までまだ時間がかかると思われているTSVだが、ソニーの裏面照射CMOSセンサーの新製品にはTSVが適用されているのだ。(2013/9/18)

アナログ・デバイセズ AD7960/AD7961:
サンプリング速度が最大5Mで消費電力39mW、ADIの18ビットSAR ADC
アナログ・デバイセズ(ADI)の18ビット逐次比較型(SAR)A-Dコンバータ「AD7960」は、サンプリング速度が最大5Mサンプル/秒と高速で、同時に低消費電力を実現した。競合する同等品に比べ最大サンプリング速度は2倍で、5Mサンプル/秒で動作時の消費電力はCNV信号がLVDSモードで46.5mW(CMOSモードでは39mW)と約70%少ない。(2013/9/6)

ニコン、画質を高めた100グラム超小型カメラ「COOLPIX S02」
掌中に収まるコンパクトサイズを実現したニコンの超小型カメラ「COOLPIX S」がCMOS搭載で高画質化。「COOLPIX S02」として登場する。(2013/9/5)

「Xperia Z1」発表 「Gレンズ」&2070万画素カメラ「ソニーの総合力結集」
ソニーがスマートフォンのフラッグシップ機「Xperia Z1」を今秋以降発売。「Gレンズ」を冠した広角レンズと有効2070万画素CMOSセンサーによるカメラを搭載する。(2013/9/5)

クラウド連携強化 10倍ズームのスリムコンパクト「IXY 620F」
キヤノンがコンパクトデジタルカメラ「IXY 620F」を発売する。高感度CMOSセンサーや24〜240ミリの10倍ズームレンズは既存610Fと同様に、Wi-Fi利用の機能を強化した。(2013/8/22)

FAニュース:
東芝、低消費電力の高速通信用フォトカプラの量産開始
Bi-CMOSプロセスの採用で1チャネル当たりの供給電力を1mA以下に抑えた。パッケージも小型化し、実装面積削減が可能。(2013/7/31)

「Xperia A SO-04E」の“ここ”が知りたい:
第4回 カメラの起動速度は? 無限連写でどれだけ撮れる?――「Xperia A SO-04E」
Xperia Aの特徴的な機能といえばカメラだ。Xperia Zで採用された裏面照射積層型CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」を引き続き搭載したうえ、Xperia Aではすぐに撮影できることもウリとしている。どれだけ素早く撮影できるのか、どんな機能があるのか見てみよう。(2013/7/22)

「EOS 70D」の「デュアルピクセルCMOS AF」を理解し、試す
キヤノン「EOS 70D」に搭載された、「デュアルピクセルCMOS AF」について、実機で検証していく。(2013/7/19)

東芝 T4K37:
「業界最小クラスの画素サイズ1.12μm」を実現した1300万画素イメージセンサー
東芝は、色ノイズ低減回路を搭載し、「業界最小クラス」(同社)という画素サイズ1.12μmを実現した解像度13Mピクセルの裏面照射型CMOSイメージセンサー「T4K37」を発表した。スマートフォンなどモバイル機器向けに展開する。(2013/7/5)

組み込み技術:
“AFの常識を覆す革新的技術”――キヤノン「デュアルピクセルCMOS AF」
キヤノンが発表したデジタル一眼レフカメラ「EOS 70D」には、新開発のオートフォーカス技術「デュアルピクセルCMOS AF」が搭載されている。「迷いのないAFを実現」するというその画期的な技術とは?(2013/7/2)

撮影の楽しみを具現化するカメラ――キヤノン「EOS 70D」詳報
キヤノンが発表した、写真愛好家向けの新スタンダード一眼レフ「EOS 70D」。その大きな特徴のひとつである、「デュアルピクセルCMOS AF」について動画を交えて紹介する。(2013/7/2)

ライブビューAFが超高速化、写真愛好家への新スタンダード キヤノン「EOS 70D」
キヤノンがミドルクラスのデジタル一眼レフ新製品「EOS 70D」を発売する。2020万画素CMOSセンサーやDIGIC 5+といった最新デバイスを惜しみなく投入したほか、新方式のCMOSセンサーAFの搭載によってライブビューや動画撮影でも高速なAFを楽しめる。(2013/7/2)

シリコンラボ Si50xファミリ:
シングルダイのMEMSオシレータを開発
シリコン・ラボラトリーズは、MEMS発振器とCMOSオシレータ回路を同一ダイに構成したタイミングデバイス「Si50x」ファミリの発売を発表した。民生機器や産業機器などのボリュームゾーン向け製品として位置付け、汎用の水晶発振器からの置き換えを狙う。(2013/7/1)

ビジネスニュース:
TSMC、次世代Aシリーズの製造でAppleと契約か
台湾のDigiTimesは、TSMCとAppleが、「Aシリーズ」プロセッサの製造で3年契約を結んだと報じた。まずは20nm プレーナ型CMOSプロセスで「A8」が製造するとみられている。(2013/6/25)

より軽く小さいレンズ交換式「X」 富士フイルム「FUJIFILM X-M1」
富士フイルムがFUJIFILM Xシリーズのレンズ交換式デジカメの新製品「FUJIFILM X-M1」を発売する。「X-Trans CMOS」はそのままに小型化を進め、WiFiも搭載した。(2013/6/25)

Samsung、Android搭載ミラーレスカメラ「GALAXY NX」発表
Samsungが、Android 4.2搭載のミラーレスカメラ「GALAXY NX」を発表した。通話はできないがLTEに対応し、同社の一眼レフカメラ「Samsung NX」シリーズと同じNXマウント形式でレンズを交換できる有効約2030万画素APS-C CMOSセンサー搭載の本格的カメラだ。(2013/6/21)

プロセス技術:
ルネサスとIMECが、28nm CMOS技術によるRFレシーバとA-Dコンバータを開発
ルネサス エレクトロニクスとIMECは、LTE-advancedなど次世代無線規格に向け、28nm CMOS技術を用いたRFレシーバとA-Dコンバータを開発した。(2013/6/17)

PR:きれいな写真を簡単に撮れる――「ARROWS A 202F」のカメラ機能に迫る
富士通モバイルコミュニケーションズの「ARROWS A 202F」のカメラには、1310万画素の裏面照射積層型CMOSセンサーを採用。迷わず使えるシンプルなUIも特徴だ。使い勝手や画質をチェックした。(2013/6/14)

プロセス技術:
パナソニック、CMOS回路上での強誘電体メモリスタ形成に成功
パナソニックは、アナログデータを記憶、再生できる「強誘電体メモリスタ」をCMOS回路上に形成することに成功したと発表した。(2013/6/10)

PR:UltraPixelとZoeカメラでどんな写真が撮れるのか?――「HTC J One」のカメラ機能を試す
カメラ機能にこだわったHTCの新しいスマートフォン「HTC J One」が登場した。画素数ではなく、画素サイズを重視した独自のCMOSセンサーでどんな写真が撮れるのか。実写レビューをお届けしよう。(2013/5/29)

富士フイルムに見る、撮像素子開発の継承と蓄積
デジタルカメラの要のひとつが撮像素子。いまは大型化の波が押し寄せているが、振り返ってみると富士フイルムの撮像素子はいつもアイディアにあふれていた。最新作X100Sの「X-TrasnCMOS II」を元に、同社撮像素子開発の継承と蓄積を振り返ってみよう。(2013/5/21)

PR:2つの“夏モデル最大”スペックで攻める「ARROWS NX F-06E」 フルセグにも対応
5.2インチフルHD液晶、フルセグ、1630万画素の裏面照射型CMOSカメラ、そして3020mAhの大容量バッテリーを採用した「ARROWS NX F-06E」。充実した基本性能と多機能を併せ持つ、ARROWSブランド最新のハイエンドモデルだ。(2013/5/20)

ビジネスニュース 企業動向:
TSMC、2013年4月の売上高が急増
TSMCの売上高が、予想を上回る勢いで成長しているようだ。モバイル向けの28nmプロセスCMOSチップの製造で、他を寄せ付けない圧倒的な優位性を維持している同社。今後も成長が続く見込みだ。(2013/5/15)

安全システム:
パナソニックの31万画素CMOSセンサー搭載リアビューカメラ、レンズのF値は2.0
パナソニックは、撮像素子の画素数を従来品の約25万画素から約31万画素に高めたリアビューカメラ「CY-RC90KD」を発表した。「業界最高の明るさ」(同社)というF値が2.0の高感度レンズの採用により、優れた暗所視認性を実現している。(2013/4/24)

ビジネスニュース 企業動向:
20nmプロセス導入を急ぐTSMC、やはりAppleの次世代プロセッサを製造か
TSMCが、20nmプロセスのCMOSチップの量産に向け、装置の導入を急いでいる。多くのアナリストが、この動きを「TSMCがApple向けに『A7』プロセッサを製造する」という予測に結び付けている。(2013/4/8)

「ARROWS X F-02E」に迫る:
PR:UIを刷新した1630万画素CMOSカメラの実力を見る!
富士通の「ARROWS X F-02E」は、有効約1630万画素の裏面照射型CMOSセンサーをカメラに採用し、従来機種から写りを大きく改善。ユーザーインタフェース(UI)もシンプルなものに変えた。その実力やいかに。(2013/3/29)

東芝、スマホ/タブレット向けの“業界最薄”カメラモジュールを開発
東芝セミコンダクター&ストレージは、スマートフォン/タブレット端末向けとなる薄型仕様のCMOSカメラモジュールを開発した。(2013/3/28)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
第6回 電車を撮ると歪んで写る理由とその対策
電車の中から景色を撮ったり、外から電車を撮ったりすると、景色や電車が歪んでしまうことがある。これはCMOSセンサー特有の現象で、スマホのカメラでは原理的に避けられないのだ。これ、本当に避けられないのか。いや実は、ひとつ手があるのだ。(2013/3/26)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。