ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

CMOS に関する記事 CMOS に関する質問

「CMOS」最新記事一覧

Complementary Metal Oxide Semiconductor
-こちらもご覧ください-
「デジカメならでは」の活用法を分かりやすく提案 - ITmedia デジカメプラス

位相差AFや4K動画のHDR撮影を実現――ソニーが有効2100万画素の新型CMOSイメージセンサーを発表
ソニーが、主にスマートフォンに向けた新型CMOSイメージセンサーを発表。高速オートフォーカス(像面位相差AF)のほか、センサー側で実現するHDR撮影が4K動画と静止画でも可能になる。(2014/11/17)

高速AF・HDRの4K動画撮影に対応したスマホ向け2100万画素CMOSセンサー ソニーが発売
高速オートフォーカスと4K動画のHDR撮影に対応した1/2.4インチ有効2100万画素のスマートフォン向けCMOSイメージセンサーをソニーが商品化した。(2014/11/17)

組み込み開発ニュース:
ソニー、像面位相差AF搭載の積層型CMOSセンサー
ソニーは像面位相差AF機能を搭載した1/2.4型 積層型CMOSイメージセンサー“Exmor RS”「IMX230」を製品化、2015年4月より出荷すると発表した。(2014/11/17)

バッファロー、集合住宅でも簡単に導入可能な無線ネットワークカメラ
バッファローは、130万画素CMOSセンサー搭載の無線ネットワークカメラ「WNC01WH」を発表。集合住宅用のネットワーク環境などでも簡単に設置を行える。(2014/11/12)

ビジネスニュース 業界動向:
終えん間近のムーアの法則、“ポストCMOS”の技術を模索へ
米国で開催されたシンポジウム「IEEE Technology Time Machine(TTM)2014」では、“ポストCMOS”の技術について議論が交わされた。注目されているのは、量子コンピュータ、ビッグデータ、カーボンナノチューブ、人間の脳(シナプス)をまねた技術などである。(2014/10/24)

センシング技術 イメージセンサー:
ソニー、闇夜でもカラー撮影できる「世界最高感度」の車載イメージセンサーを製品化
ソニーは2014年10月、闇夜に相当する低照度0.005luxの環境でも高画質なカラー映像の撮影が行える車載カメラ向けCMOSイメージセンサー「IMX224MQV」を製品化したと発表した。ソニーでは、1/3型サイズでHD以上の解像度を持つイメージセンサーとして「世界最高感度を実現した」としている。(2014/10/16)

無線通信技術 RFIC:
長距離と超高速の用途で周波数帯を切り替え、デュアルバンド対応受信RFIC
三菱電機と東北大学は、比較的安価に製造できるSi-CMOS技術を用いて、マイクロ波帯とミリ波帯の受信回路を1チップに集積した、5GHz/60GHz帯デュアルバンド対応の受信RFICを開発した。(2014/10/6)

LTEとWi-Fiの同時通信が可能:
5.2型ワイドQHD液晶+2070万画素カメラ搭載――ハイスペックな富士通スマホ「ARROWS NX F-02G」
ドコモの「ARROWS NX F-02G」は、ワイドQHD表示の高精細なディスプレイを採用した富士通製スマホ。2070万画素CMOSカメラや3500mAhの大容量バッテリーを搭載するほか、ハイレゾ音源の再生にも対応するなど、スペックの高さが際立つモデルだ。【写真追加】(2014/9/30)

キヤノン「EOS 7D Mark II」発表 APS-Cフラッグシップ新モデル
キヤノンはAPS-CサイズCMOSセンサー搭載機のフラッグシップモデル「EOS 7D Mark II」を11月上旬に発売する。(2014/9/16)

しかもエコ設計:
シャープ、「業界最高感度」の4K対応1型1200万画素CMOSイメージセンサー
シャープは1420mV/lux-secという高感度を実現した4K対応1型1200万画素CMOSイメージセンサーを開発した。サンプル出荷を8月下旬から開始する。(2014/8/20)

津田建二の技術解説コラム【歴史編】:
PR:半導体の温故知新(4)――IBM30億ドル投資の裏にCMOSの凄さあり
2014年7月、IBMがポストCMOSの半導体技術に今後5年間に渡り30億ドル(3000億円)を投資すると発表しました。なぜIBMはポストCMOS技術の開発に30億ドルも投資するのでしょうか? 半導体技術としてあまりにも優れているCMOSの代替技術を探しているのです。(2014/8/11)

東芝 T4KA3:
240fpsでHD動画撮影可能、8MピクセルCMOSイメージセンサー
東芝の「T4KA3」は、毎秒240フレーム相当のハイビジョン動画を撮影することが可能な8Mピクセルの裏面照射型(BSI)CMOSイメージセンサーである。スマートフォンやタブレット端末などのカメラモジュール用途に向ける。(2014/8/4)

製造マネジメントニュース:
ソニー、積層型CMOSイメージセンサーの増産に350億円投資
ソニーは、積層型CMOSイメージセンサーの生産能力増強を目的とした設備投資を、2014年10月から2015年9月にかけて行うことを発表した。(2014/7/24)

スマホなどへの供給体制を強化:
ソニーがCMOSイメージセンサーの生産能力を増強、長崎と熊本に350億円を投資
ソニーは、積層型CMOSイメージセンサーの生産能力を増強すべく、ソニーセミコンダクタ 長崎テクノロジーセンターと熊本テクノロジーセンターの製造設備に約350億円を投資する。イメージセンサーの総生産能力を約7万5000枚/月に増強する中長期的な施策の一環である。(2014/7/23)

ソニー、CMOSセンサー生産能力強化 350億円投資
ソニーがCMOSセンサーの生産能力を350億円を投じ増強する。(2014/7/23)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
驚くほどシンプルで画質もいい感じ――「ARROWS NX F-05F」のカメラを試す
有効約2070万画素CMOSカメラを搭載している「ARROWS NX F-05F」。使ってみて感じたのは「画質がけっこういい!」「撮影機能は超シンプル」「撮った写真を簡単に見られること」……の3つ。なかなかイケているのだ。(2014/6/26)

医療機器 開発・製造展(MEDIX) 2014:
1mm角のCMOSイメージセンサー、内視鏡向けにシムコが展示
シムコが「医療機器 開発・製造展(MEDIX) 2014」で展示したCMOSイメージセンサーは、わずか1mm×1mmと超小型だ。内視鏡などの用途を想定している。同イメージセンサーを2個並べて3次元画像を撮ることも可能だ。(2014/6/25)

車載半導体:
イメージセンサー企業の買収を続けるオンセミ、車載/産業市場向けに注力
ON Semiconductor(オンセミ)が、CMOSイメージセンサー大手のAptina Imaging(アプティナ)を買収する。買収金額は約4億米ドル(約407億円)となる見通し。2014年4月のTruesense Imaging(トゥルーセンス)、2011年2月のCypress SemiconductorのCMOSイメージセンサー部門に続き、イメージセンサーの買収案件では3件目となる。(2014/6/16)

画像センシング展2014:
高速フレームレートで低ノイズ、グローバルシャッター方式CMOSセンサー
CMOSISは、マシンビジョンや高速検査システムなどの用途に向けたグローバルシャッター方式のCMOSイメージセンサーを「画像センシング展2014」で展示した。(2014/6/12)

センシング技術:
シリコンに代わる材料を用いたCMOSイメージセンサー、8Kカメラの高感度化を実現
NHK放送技術研究所が「技研公開 2014」で披露しているCMOSイメージセンサーは、光電変換部にシリコン以外の材料を用いている。シリコンよりも光を吸収する結晶セレンだ。従来の表面照射/裏面照射型CMOSセンサーはその構造上、高感度化を図るのがだんだん難しくなっている。大幅な高感度化には、新たな材料を採用することが必要だ。(2014/5/30)

人とくるまのテクノロジー展2014:
東芝が車載CMOSセンサーを披露、ダイナミックレンジが126dBの品種も
東芝は、「人とくるまのテクノロジー展2014」において、同社が注力している車載CMOSセンサーを紹介した。HDR機能を搭載しており、130万画素の製品のダイナミックレンジは126dBと極めて広い。(2014/5/27)

料理もおいしく撮れます:
写真で解説する「Xperia Z2 SO-03F」「Xperia ZL2 SOL25」(カメラ編)
Xperia Z1の「有効約2070万画素のCMOSセンサー」「Gレンズ」「BIONZ for mobile」をベースに、新たな動画と静止画の撮影機能を追加したXperia Z2とZL2のカメラ。ノイズ感やホワイトバランスも改善されているという。(2014/5/21)

車載半導体:
車載CMOSセンサーで「業界初」の裏面照射型、オムニビジョンがADAS向けに開発
OmniVision Technologies(オムニビジョン)が、車載CMOSセンサーでは「業界初」(同社)となる裏面照射型の製品「OV10640」と、OV10640のコンパニオンプロセッサ「OV490」を発表。バックモニターやサラウンドビューに加えて、先進運転支援システム(ADAS)に最適だとする。(2014/5/14)

FAニュース:
パナソニック デバイスSUNX、1/100mmオーダーのマイクロレーザ測距センサー発売
高精度CMOSイメージセンサーと独自のアルゴリズムで、1/100mmオーダーの高精度で検出。大きさは幅20×奥行き25×高さ44mmと業界最小クラスになっている。(2014/4/18)

INBYTE、ソニー製CMOSセンサー「Exmor」搭載のドライブレコーダー最上位モデル「CR-2000S」
INBYTEは、ドライブレコーダー「FineVu」シリーズの最上位モデル「CR-2000Sシリーズ」を発売する。ソニー製CMOSセンサー「Exmor」を採用し、フルHD録画や夜間撮影時の画質を向上させた。(2014/4/8)

FAニュース:
キヤノンが産業用カメラ市場に参入――デジタル一眼レフのCMOSセンサーを応用
キヤノンは、デジタル一眼レフカメラでも使用している独自のCMOSセンサー技術を応用した検査装置用の静止画像入力カメラを発売。新製品により検査工程向けの産業用カメラ市場に参入する。(2014/3/20)

FAニュース:
アルゴ、超小型HD-SDI/3G-SDI出力可能な好感度カラーカメラ「IMC-922」
ソニー製フルHD解像度CMOSセンサーを搭載。720p60fps, 1080p30fps, 1080i60fps, 1080p60fpsで出力可能。(2014/3/19)

FAニュース:
アートレイ、USB2.0の1000万画素カラー超小型CMOSカメラを発売
ボードカメラタイプも用意する。数量により白黒タイプも製造可能。(2014/3/3)

FAニュース:
オムロン、画像処理システムFHシリーズにハイスピード1200万画素カメラを追加
ハイスピードCMOSカメラはカラーとモノクロの2機種。センサーコントローラもバージョンアップし新たにOCR機能を追加。(2014/2/7)

ソニー、ルネサス鶴岡工場を買収 スマホ向けCMOSセンサー増産へ
ルネサスの鶴岡工場をソニーが買収。スマートフォンやタブレット向けCMOSセンサーの生産能力を増強する。(2014/1/29)

ビジネスニュース 企業動向:
新日本無線とUMC、アナログIC向け製造プラットフォームを共同開発
新日本無線とユー・エム・シー・グループ・ジャパンは、アナログIC向けの製造プラットフォームを共同開発している。新日本無線はこの技術をもとに、オペアンプや電源ICなど50製品を製品化してきた。さらに車載機器や産業機器向けを中心に、30製品を新たに開発していることを明らかにした。会見ではこの成果の一例として、低ノイズと低パワーを両立させたCMOSオペアンプの開発を挙げた。(2014/1/22)

実はとってもお買い得 「FUJIFILM X-A1」をX-M1と比べて試す
富士フイルム「FUJIFILM X-A1」はシリーズ中ではローエンドを担うモデル。X-Trans CMOSを搭載しないことから廉価版というイメージを持たれがちだが、先行するX-M1と同等に近い描写能力を持つカメラだ。(2014/1/8)

東芝、フルHD・240fps相当の動画をスマホで撮影できるCMOSセンサー技術を開発
スマートフォン向けCMOSセンサー技術として、毎秒240フレーム相当の動画撮影を可能にする高速化技術「ブライトモード」を東芝が開発した。(2014/1/7)

車載半導体:
東芝のバックモニター向けCMOSセンサーはTSV技術で30%小型化、HDR機能も搭載
東芝の車載カメラ向けCMOSセンサー「TCM5126GBA」は、TSV(シリコン貫通電極)技術の採用により、従来品と比べて実装面積を約30%削減している。逆光条件でも被写体を高品質に撮像できるハイダイナミックレンジ(HDR)機能も搭載した。(2013/11/13)

FAニュース:
Adimec、1200万画素で66fpsの画像計測システム向け高速CMOSカメラ「Q-12A65」を発売
検査・画像計測装置向けの高性能・高解像度なCMOSカメラ。解像度1200万画素で66fps。高い画像均一性、高感度、ハイダイナミックレンジなどの機能に優れている。(2013/11/12)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
「Xperia Z1」カメラ 画質レビュー編――「iPhone 5s」と比べてどちらがキレイ?
ソニーモバイルの「Xperia Z1」は、サイバーショット(の主力モデル)と同じ、1/2.3インチの裏面照射型CMOSセンサーを搭載した。とうとうデジカメと同じ撮像素子を積んできたわけだ。ではiPhone 5sと比べると、どちらが高画質なのか?(2013/11/11)

新日本無線 NJU77806:
「業界最高の低ノイズ特性」を誇る低消費電流CMOSオペアンプ
新日本無線は、消費電流2mA以下クラスのローパワーCMOSオペアンプとして、「業界最高の低ノイズ特性を実現した」(同社)という「NJU77806」を発表した。設計改良の他、新製造プロセスの適用により、ローパワーとローノイズを両立した。(2013/10/31)

写真で見る 「FUJIFILM XQ1」
シリーズ最小ボディにF1.8レンズ、像面位相差AFのX-Trans CMOS IIと最新技術を詰め込んだ「FUJIFILM XQ1」を写真で紹介する。(2013/10/30)

「世界最速AF」実現、高い解像感と機動性を楽しめる「FUJIFILM X-E2」
独自の「X-Trans CMOS II」センサーと点像復元などで高い解像感を味わえ、AF速度も「世界最速」まで高めた「FUJIFILM X-E2」を富士フイルムが発売する。(2013/10/18)

F1.8レンズに像面位相差AFそしてローパスレス、手のひらにのる高級機「FUJIFILM XQ1」
富士フイルムがFUJIFILM Xシリーズの新製品、コンパクトデジカメ「FUJIFILM XQ1」を発売する。シリーズ最小ボディにF1.8レンズ、像面位相差AFのX-Trans CMOS IIと最新技術を詰め込んだ。(2013/10/18)

Z1の高機能が、4.3インチと幅65ミリの手のひらサイズに――「Xperia Z1 f SO-02F」
ソニーモバイルのXperia Z1に小型モデルが登場した。ドコモが発売する「Xperia Z1 f SO-02F」は、2070万画素CMOSカメラやトリルミナスディスプレイ for mobile、X-Reality for mobileといった機能を、4.3インチ、幅65ミリのボディに凝縮させた。(2013/10/10)

ルネサス RX631グループ:
ルネサス、白物家電などでカメラ機能を簡単に実現するマイコンを発表
「RX631グループ」は、CMOSカメラモジュールの接続を容易にするPDC(パラレルデータキャプチャユニット)を内蔵した32ビットマイコンである。カメラ機能を搭載する白物家電や自動販売機、宅内用簡易監視カメラといった用途に向ける。(2013/10/8)

ソニーの技術を結集した新しいカメラを搭載、フルセグにも対応する「Xperia Z1 SOL23」
ソニーがIFA 2013で発表した「Xperia Z1」が、au向けにも投入される。2070万画素CMOS、F2.0の「Gレンズ」、画像処理エンジン「BIONZ for mobile」といった高性能なカメラ機能に加え、au版はフルセグやFeliCaも搭載している。(2013/10/2)

ピント合わせは撮った後でも──2眼式で実現するスマホ用カメラモジュール、東芝が開発
撮影後でもピント合わせが可能になるカメラモジュールを東芝が開発。2個のCMOSセンサーで被写体との距離を計測して、撮影後にピント合わせやぼかしなどの加工を可能にする仕組みだ。(2013/9/27)

スマートフォンやタブレットPC向けに:
2つのカメラと画像処理LSIで、撮影後のピント合わせ・ぼかし加工を実現――東芝
東芝はスマートフォンやタブレットPC向けに、4分の1インチ500万画素のCMOSイメージセンサーを2個搭載したカメラモジュール「TCM9518MD」を製品化する。専用画像処理LSIと組み合わせることにより、被写体との距離情報を測定・出力。撮影後の画像フォーカスの調整や被写体抽出が可能になる。(2013/9/26)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第26回 TSV実用化に向けて
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第26回は、第25回に引き続きTSV(Through Silicon Via)について取り上げる。話題先行で実用化までまだ時間がかかると思われているTSVだが、ソニーの裏面照射CMOSセンサーの新製品にはTSVが適用されているのだ。(2013/9/18)

アナログ・デバイセズ AD7960/AD7961:
サンプリング速度が最大5Mで消費電力39mW、ADIの18ビットSAR ADC
アナログ・デバイセズ(ADI)の18ビット逐次比較型(SAR)A-Dコンバータ「AD7960」は、サンプリング速度が最大5Mサンプル/秒と高速で、同時に低消費電力を実現した。競合する同等品に比べ最大サンプリング速度は2倍で、5Mサンプル/秒で動作時の消費電力はCNV信号がLVDSモードで46.5mW(CMOSモードでは39mW)と約70%少ない。(2013/9/6)

ニコン、画質を高めた100グラム超小型カメラ「COOLPIX S02」
掌中に収まるコンパクトサイズを実現したニコンの超小型カメラ「COOLPIX S」がCMOS搭載で高画質化。「COOLPIX S02」として登場する。(2013/9/5)

「Xperia Z1」発表 「Gレンズ」&2070万画素カメラ「ソニーの総合力結集」
ソニーがスマートフォンのフラッグシップ機「Xperia Z1」を今秋以降発売。「Gレンズ」を冠した広角レンズと有効2070万画素CMOSセンサーによるカメラを搭載する。(2013/9/5)

クラウド連携強化 10倍ズームのスリムコンパクト「IXY 620F」
キヤノンがコンパクトデジタルカメラ「IXY 620F」を発売する。高感度CMOSセンサーや24〜240ミリの10倍ズームレンズは既存610Fと同様に、Wi-Fi利用の機能を強化した。(2013/8/22)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。