ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

著作権 に関する記事 著作権 に関する質問

「著作権」最新記事一覧

実況ツールのTwitch、安心してBGMに使える音楽ライブラリを公開
Amazonが昨年9億7000万ドルで買収したゲーム実況サービスのTwitchが、著作権を気にせずBGMに使える音楽ライブラリと、ゲームではなく音楽の生演奏(ただしオリジナル曲)を実況できるカテゴリーの新設を発表した。(2015/1/16)

「違法なのは分かってる」 日本アニメに無断で中国語の字幕つけまくる「字幕組」の正体
日本のアニメやハリウッド映画などに中国語字幕を付け、違法にアップロードする中国の「字幕組」が注目を集めている。作品を同胞に見てほしいという純粋な思いもあるが、著作権を侵害する違法行為であることに変わりはない。(2015/1/9)

MS-DOSのゲーム約2400本がブラウザでプレイ可能に 海外サイト「InternetArchive」が公開
著作権的には「フェアユース」の観点で運営。(2015/1/7)

「ハイスコアガール」の著作権侵害は「成否が明らかではない」 刑事手続を反対する声明文を法学者ら26人が発表
ゲームキャラの使用は、「適法な引用(著作権法32条)に該当する可能性」があるという指摘も。(2014/12/22)

「ハイスコアガール」事件、知財専門家らが刑事手続きに反対声明 「侵害が明らかではなく、表現活動に委縮も」
漫画「ハイスコアガール」が作中で他社のゲームキャラを無断使用し、著作権を侵害したとされる件で、知的財産法の有識者らが連名で「権利侵害が明確でない事案での刑事手続きに反対する」という声明を発表した。(2014/12/22)

OSSライセンスで条件を指定する権利はどこからくるのか?(1):
「OSSライセンス=契約」という誤解を解く
オープンソースソフトウェアについて解説した記事の中には、「OSSライセンスは契約である」という誤解を目にすることが多い。この連載は「第9回著作権・著作隣接権論文」で佳作に入選した論文をベースに、その誤解を解いてみるという試みをしたい。(2014/12/18)

zenmono通信:
所有権や著作権にしがみつく時代ではなくなる?
モノづくり特化型クラウドファンディングサイト「zenmono」から、モノづくりのヒントが満載のトピックスを紹介する「zenmono通信」。今回は、シティライツ法律事務所の水野祐さんにお話を伺った。(2014/12/1)

プロキシサーバ業者を一斉捜索 10人超逮捕へ 著作権法違反容疑
プロキシサーバで違法入手したWindowsを使用していた疑いで、サーバ運営会社を警視庁などが一斉捜索。プロキシサーバはサイバー犯罪に使われ、捜査の壁となっていた。(2014/11/19)

「ハイスコアガール」問題、作者とスク・エニ社員ら16人書類送検 他社ゲームキャラ無断使用で
漫画「ハイスコアガール」問題で、大阪府警は作者とスク・エニ社員ら16人を著作権法違反容疑で書類送検した。(2014/11/17)

「FC2動画」で「相棒12」無断配信 男を送致
「FC2動画」を通じてドラマの映像を無断配信していたとして、静岡県三島市の無職の男が著作権法違反の疑いで送致された。(2014/11/14)

LINEに逆風 上場延期、米中ライバルと“格差”……新事業で巻き返せるか
LINEをめぐり、逆風が表面化している。米中の競合2社との利用者数で“格差”が明らかになったほか、セキュリティーに関する懸念、著作権をめぐる訴訟リスク。LINEは新サービスを多数発表するなど、収益モデルの進化で巻き返しを狙う。(2014/11/10)

LINE上場「先送り」で囁かれる「コンプライアンス上のリスク」という裏事情
LINEが株式上場を延期した。LINEのセキュリティ上の懸念や、「NAVERまとめ」「livedoor Blog」の著作権をめぐる訴訟リスクといった「上場の逆風」もささやかれている。(2014/11/5)

InternetArchiveが懐かしのアーケードゲーム900本を無料公開、全部ブラウザで遊べるぞ!
パックマンやストIIなど、ゲーセンで遊んだ名作たちを一挙公開。※著作権について追記(2014/11/4)

自炊代行 2審も作家側が勝訴 著作権侵害認める
「自炊代行」サービス業者に著作権を侵害されたとして、作家7人が著作権侵害の差し止めなどを求めた訴訟の控訴審で、知財高裁は業者側の主張を退け、控訴を棄却した。(2014/10/23)

Google、著作権侵害対策を強化──“パイレーツアップデート”や新広告で
Googleは今週から、著作権侵害報告のあったWebサイトのランクを下げる「パイレーツアップデート」を実施する。(2014/10/20)

栗原潔の知財とITの交差点:
誰が著作権者になるかはどうやって決まるのか?
ちょっと間が空いてしまったが、引き続き著作権制度の基本についてITプロフェッショナルとして知っておきたいポイントについて解説していこう。(2014/10/17)

スクウェア・エニックス、「ハイスコアガール」著作権問題で訴訟提起 侵害なかったとの確認求める
SNKプレイモアが主張するような著作権侵害の事実はないとの確認を求め、大阪地方裁判所に訴訟を提起した。(2014/10/8)

スク・エニ、SNKプレイモアを提訴 「ハイスコアガール」著作権侵害の事実ないと主張
スクウェア・エニックスは10月8日、SNKプレイモアに対し、漫画「ハイスコアガール」がSNKプレイモアの著作権を侵害していないことの確認を求めて提訴した。(2014/10/8)

出版業界ニュースフラッシュ 2014年10月第1週
主婦の友社が「主婦の友」ブランド復活に動き出したことや、改正著作権法施行に合わせた業界の動きが話題になりました。(2014/10/6)

“炎上”“風評”が変える企業のリスク管理【第5回】
クラウドソーシングで“盗作騒動”に巻き込まれない方法
安価かつ手軽な外注手段として存在感が増すクラウドソーシングだが、著作権侵害といったトラブルも相次いでいる。企業がクラウドソーシングと賢く付き合うにはどうすればよいのか。(2014/10/1)

イノベーション・ジャパン 2014:
3Dプリンタで出力した造形物から著作権情報を確認できる技術、神奈工大が開発
神奈川工科大学は「イノベーション・ジャパン2014−大学見本市」で3Dプリンタを利用して出力された造形物に著作権情報などを埋め込む技術を展示。造形物を破壊することなく情報の付与と読み取りが可能で、その造形物が違法なデータを基に出力されていないかどうかなどを確認できるという。(2014/9/16)

Google Booksの著作権をめぐる写真家協会との裁判で和解成立
全米写真家協会(ASMP)が2010年に起こしたGoogle Booksの書籍電子化をめぐる裁判で和解が成立した。2005年から続くAuthors Guildとの裁判はまだ係争中だ。(2014/9/8)

栗原潔の知財とITの交差点:
なぜ、ソフトウェアは著作権で保護されているのか?
これから数回に分けて、ソフトウェアを保護するための知的財産権である著作権について解説していく。(2014/9/8)

スク・エニ「ハイスコアガール」、セガへの許諾申請は無断使用後 ゲーム会社で扱いに差
漫画「ハイスコアガール」の中で、SNKプレイモアのキャラクターを無断使用したとされる著作権法違反容疑でスク・エニに家宅捜索。ゲーム会社によって扱いに差があったようで、セガへの許諾申請も無断使用後だったという。(2014/9/2)

著作権問題で「ハイスコアガール」一時休載に
コミックス回収に続き、連載が一時休止に。(2014/8/12)

「ハイスコアガール」休載 著作権侵害問題受け
「月刊ビッグガンガン」連載中の人気漫画「ハイスコアガール」が、著作権侵害問題を受けて一時休載する。(2014/8/12)

「ハイスコアガール」単行本を自主回収 スク・エニ「著作権侵害の認識はない」 連載は継続
スク・エニが「ハイスコアガール」の自主回収を決めた。雑誌連載は継続。アニメ化の予定にも「変更はない」としている。(2014/8/6)

「ハイスコアガール」著作権侵害問題でスク・エニがコメント
人気漫画「ハイスコアガール」がゲームのキャラクターを無断で使用していたとして、スクウェア・エニックスが家宅捜索を受けた問題で、同社がコメントを発表した。(2014/8/6)

スク・エニ、「ハイスコアガール」の著作権問題にコメント
警察による家宅捜査を受けており、「詳細の公表は控えさせていただきます」。(2014/8/6)

スク・エニに家宅捜索 人気漫画「ハイスコアガール」がゲームキャラ無断使用・著作権侵害の疑い
人気漫画「ハイスコアガール」がSNKプレイモアのゲームキャラクターを無断で使用していたとして、著作権法違反の疑いでスク・エニが大阪府警の家宅捜索を受けた。(2014/8/6)

「映画泥棒」のカメラ男が夏コミにやってくる! 日本国際映画著作権協会が企業ブースに出展
カメラ男と記念撮影できるぞ!(2014/7/24)

著作権情報センターのシンポジウムをライブ配信 ネットと著作権を語る
公益社団法人著作権情報センター(CRIC)のシンポジウムをライブ配信する。「『ネット×著作権』−日本の文化発信のための最適ルールとは−」と題して議論する。パネリストは慶応義塾大学の中村伊知哉教授、ニワンゴ杉本誠司社長など。コーディネーターは弁護士の福井健策さん。配信は7月9日14時0分〜。(2014/7/4)

P2Pソフト導入済みPCを販売・操作方法教えた男を著作権侵害ほう助で摘発 JASRAC初告訴
P2Pファイル共有ソフトをインストールしたPCを販売し、操作方法を教えたことで著作権侵害を助けたとして香川県警が男を著作権法違反ほう助の疑いで送検。(2014/6/25)

FC2で「クレヨンしんちゃん」など違法配信の男を送致 「小遣い稼ぎのためアップロードした」
ACCSによると、沖縄県警は、FC2で「クレヨンしんちゃん」などのアニメ作品を違法配信していた著作権法違反の疑いで、札幌市の契約社員の男(48)を那覇地検に送致した。(2014/6/24)

Jコミで福井英一「イガグリくん」配信開始 Jコミ初の著作権消滅作品 漫画版「青空文庫」第一歩へ
熱血格闘マンガの原点と呼ばれる伝説的作品。(2014/6/22)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタによる危険物製造や著作権侵害を察知――DNP
大日本印刷(DNP)は、3Dプリンタに入力された3次元データのポリゴンを独自のアルゴリズムで簡素化し、あらかじめ作られたブラックリストの対象製品の3次元データのポリゴンと高速照合するプログラムを開発した。2017年までに実用化を目指す。(2014/5/28)

3Dプリンタで危険物や著作権侵害物を製造できなくする機能をDNPが開発
入力されたデータを検証し、違法と思われるものは製造をストップします。(2014/5/28)

「本が棚からなくなる」――青空文庫、TPP交渉の著作権保護期間延長に危機感
「本が棚からなくなる」――政府がTPPの知財交渉で、著作権の保護期間を作者の死後70年で統一することで調整に入ったとの報道を受け、青空文庫が危機感を表明する文書を公開した。(2014/5/23)

青空文庫、TPPによる著作権保護期間延長問題にコメント 「積極的に意見発信していく」
青空文庫が、著作権保護期間延長問題について「積極的に意見発信していく」と表明。(2014/5/23)

「投稿データの著作権はユーザーに帰属します」 ユニクロ「UTme!」の規約変更
ユニクロは予告していた通り、オリジナルTシャツ作成サービス「UTme!」の利用規約を変更した。(2014/5/21)

「UTme!」規約改正 「著作権はユーザーに帰属」と明記、「デザイン返却しない」は削除
物議をかもしていた「UTme!」の利用規約が改正。投稿データの著作権をすべて同社に無償で譲渡するとしていた条項を削除し、「著作権はユーザーに帰属します」と明記した。(2014/5/21)

ユニクロのTシャツ作成アプリ「UTme!」規約改正へ 「著作権はユーザーのもの」に
ユーザーからの反発を受け、ユニクロのアプリ「UTme!」の規約を改正へ。「投稿したデザインの著作権はユーザーのもの」という内容に変更するという。(2014/5/20)

著作権を無償で譲渡?:
「いえ、著作権はユーザーに帰属します」とユニクロ Tシャツ作成サービス「UTme!」の利用規約が話題、問題を認めて修正へ
自分だけのTシャツかと思ったら、自分のものですらない? ユニクロ広報に聞いてみた。(2014/5/20)

Google対Oracle裁判、Java APIの著作権を認める判決
AndroidのJava API利用をめぐるOrale対Googleの裁判で、控訴裁は一審の判断を覆し、APIは著作権保護の対象であるという判決を下した。(2014/5/12)

「にこ☆さうんど」運営者逮捕 広告で1億3000万円の収益
ニコニコ動画から音声をMP3ファイル化する「にこ☆さうんど」運営者を道警が著作権法違反の疑いで逮捕。(2014/5/8)

「にこ☆さうんど」運営の男性、著作権法違反の疑いで逮捕 広告通じ約1億3000万円の収益
2月に閉鎖された「にこ☆さうんど」の運営者が逮捕されました。(2014/5/8)

突然始まった国内向けiTunes Match レコード会社は「時代の流れ」
日本では楽曲権利や著作権の問題で同種のサービス提供は難しいのでは――とされていた「iTunes Match」がスタート。レコード会社は「ユーザー動向を踏まえた時代の流れ」という。(2014/5/7)

国立国会図書館、Webサイトのコンテンツ転載手続を簡便化
国立国会図書館は、同館Webサイトのコンテンツ転載手続を簡便化した。これにより、著作権保護期間が満了した一部デジタル資料についてはフォームからの申し込みが不要となる。(2014/5/2)

電子書籍に出版権認める改正著作権法が成立
「出版権」の対象を電子書籍にも広げる著作権法の改正案が可決された。出版社やネット事業者自らが著作者の代わりに海賊版対策などに取り組めるようになる。(2014/4/28)

出版業界ニュースフラッシュ 2014年4月第4週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。4月第4週は改正著作権法が成立したことが大きな話題となりました。(2014/4/28)



オープンソースのコンテナー(アプリケーション実行環境)管理ソフトウェア。Linuxをベースに、ハイパーバイザー型よりも軽量な仮想化を実現する。クラウド、DevOpsなど今風のITシステムの管理に親和性が高く、注目が高まっている。

日本通信をパートナーとして、VAIO株式会社がスマートフォン製品を投入する。詳細は2015年1月に発表予定。

KDDIが12月25日に先行発売を開始した、Firefox OS搭載スマホ。製造はLG。Firefox OSの元々のコンセプトでもある踏み込んだカスタマイズ性、外装の3Dモデルデータの提供、部品が見える半透明ボディなど、「ギークのためのスマホ」としてアピールしている。