本田雅一のTV Style

本田雅一のTV Style:

スマートフォンやSVODの普及で大きく変わりつつあるテレビ市場。4KやHDRはどうなる? 8Kテレビは中国が中心に? メッセ・ベルリン主催の「Global Press Conference」(GPC)で披露されたgfkやiHSの調査データを元に、AV評論家・本田雅一氏が市場を分析する。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style::

過去10年間で急激に変化したアジアのモバイル端末市場。スマートフォン躍進の影に隠れ、存在感の薄れていたノートPCは……。Gfk Asia Pacificのアナリストが紹介した興味深いデータを分析してみよう。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

「IFA」のプレビューイベントが開催された。今回は、4Kを中心とした映像分野の製品・市場トレンドについて、ディスプレイパネルの市場動向や製品動向を交えつつ分析していこう。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一の「TV Style」:

以前から話のあった「Netflix」の日本上陸が正式に発表された。本稿ではNetflix参入によって、日本におけるコンテンツ視聴にどのような影響があるかについて考察してみたい。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

今回は4Kテレビと4Kコンテンツを再生する装置の接続に関する話をしたい。すでにご存知の方もいるだろうが、ここには1つ“落とし穴”があるからだ。落とし穴は存在が分かっていれば、避けることもできる。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

「IFA Global Conference」の番外編として欧州を中心としたテレビメーカーの動向を紹介しよう。あまり馴染みのないメーカーばかりだが、日本メーカーとは全く違う方向性が面白い。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

パナソニック、東芝、ソニーが相次いで4Kテレビを発表した。各社が取り入れた最新技術トレンドを俯瞰(ふかん)するとともに上位機の画質をチェックしていこう。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

「Hulu」の国内事業が日本テレビ放送網に譲渡されることが発表され、さまざまな驚きの声があがっている。民放各局のネットワークサービス事業あるいは番組編成の担当たちは、驚きつつも意外に落ち着いている。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

なぜソニーはVAIO部門を売却し、テレビ部門は100%小会社として残すのだろうか。今回の決断は、1月の「International CES」前までに決められた可能性が高い。

【ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

4Kに関しては、単に表示を行う側のテレビにも、まだやらなければならないことがいくつかある。今回は、まもなく米ラスベガスで開催される「International CES 2014」を控えての注目点について話を進めよう。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

4Kテレビについて尋ねられるとき、必ず聞かれるのが「本当に必要なのでしょうか?」という質問だ。しかし、必要か、必要でないかという視点は、実のところあまり適切ではないと思う。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

50インチ以上の話題といえば、なんといっても4Kテレビだろう。その中には、映画BDなどを再生したとき、解像度の高いパネルを確実に生かすためのシカケを持った製品が存在する。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

40インチ台で“甲乙つけがたい”のが、ソニーのブラビア「W900Aシリーズ」と東芝レグザの「Z7シリーズ」。ただし甲乙つけがたいのは総合力であって、個々の個性はまったくといっていいほど違う。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

以前、フジテレビが深夜枠でボーカロイドをテーマにした番組を流すという話を書いた。ドワンゴが企画に絡んでいると聞いていたので、ニコニコ動画とテレビ番組のコラボレーションがあると面白いな、と思ったのだ。しかし……?

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

映画やサッカーをテーマにしたテレビ局のセカンドスクリーン企画が続々と登場している。放送と通信サービスのコラボレーションは何を生み出すのか?

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

”ハリー・ポッター祭りをやっている”ことを、約半年もの間、視聴者に忘れずにいてもらうためにはどうするか? 日本テレビ「金曜ロードSHOW!」が新しい試みを始めた。

【ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

今回のCESで感じたのは、まだまだ”これからのキーワード”である、4K2Kという言葉が、実際のビジネスが盛り上がってくる前からインフレを起こしていたことだ。すでに中国メーカーまで大々的に訴求を始めている。

【ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

最後はやはり“スマートテレビ”について触れざるを得ない。昨年からスマートテレビが話題だが、筆者は“スマート”とは何か? について、商品性も必要な機能も将来像も、なんら確信を持てずにいる。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

テレビを映画などの映像作品を楽しむ”ディスプレイ”と捉えた場合と、放送中心で娯楽の窓として捉えた場合では製品の評価が変わる。今回は前者をメインに2012年の製品を解説していこう。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

2012年の国内向けテレビ業界で、真っ先に名前を挙げたいのは東芝だ。テレビ市場の冷え込みなどネガティブなニュースが続いた今年、4K2Kや全録など“大きな声を上げているのは東芝ばかり”という状況が続いた。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

4Kアップコンバート用の超解像技術もメーカーによってアプローチが異なるようだ。パナソニック「DMR-BZT9300」の4K出力とソニー「VPL-VW1000ES」の内蔵4Kアプコンを比べてみると、意外な結果が出た。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

前回から少し時間が空いてしまったが、CEATECに出展していなかった韓国メーカーの動向を詳しく紹介しつつ、他方で4Kテレビに注目が移りつつある状況を整理してみよう。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

今年が始まる頃、9月以降にはアップルがテレビを発売すると信じられていた。しかし、9月が目前に迫ったこの時期、どうやら今年(そして来年の前半も)の発売はない、ということが明らかになってきた。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

前回、中国や韓国は3Dの映像制作や放送といった技術が育つよう、国家戦略として支援しているという話を書いた。とくに韓国の場合は輸出を前提にした産業育成の意味合いが強く、世界の放送市場に入り込むことが大きな目的になっている。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

「追加の放映権料が不要なのに、3Dの映像フィードをネットでも放送波でも出さないNHKの対応はひどい」という意見をいただいた。しかし、突き詰めて考えると、NHKに責任を押しつけるのは適当ではないと筆者は思っている。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

以前、ウィンブルドンやロンドンオリンピックを3D生中継しない主要先進国は、実のところ日本ぐらいなものだと書いた。では、なぜそんなことになっているのだろう?

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

テレビという商品はあまりにも身近で、「みんな知っている」ことを前提で議論を始めると、大抵は話がすれ違う。なぜなら、テレビという製品の捉え方は、人それぞれ、かなり異なるからだ。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

「JoinTV」が、7月20日の「金曜ロードSHOW!」で初のゴールデン&全国放送進出を果たす。アニメ映画「サマーウォーズ」の世界観とFacebookの接続を、JoinTVを用いて行うというものだ。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

フジテレビの「テレコアプリ」と日テレの「wiz tv」は似て非なるもの。両アプリの位置づけを見直すと、これから先のことも少し見えてくると思う。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

「IMC TOKYO 2012」では、テレビ放送各局が、スマートフォン連携に関する提案を行なった。中でも個人的に興味深く見ていたのが、フジテレビの「テレコアプリ」と日本テレビの「wiz tv」だ。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

日本テレビ放送網が3月に試験サービスを行った「JoiNTV」。データ放送を使った枠組みということで、多くの人が”馬鹿にしている”のだが、実態を見返すと、とても馬鹿にはできない、というのが現状である。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

前回のNTT西日本「光ボックス+」に続き、KDDIが今夏にトライアルを開始するという「Smart TV Box」を読み解いていこう。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

NTT西日本が発売したセットトップボックス(STB)タイプのネット端末「光ボックス+」。ネット利用者の行動パターンを徹底的に分析したとい同社の戦略は?

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

スタート直後から各局が新作ドラマをラインアップするなど、それなりに気合いの入った「もっとTV」。しかし、もともと無料で放送している番組に対し、消費者はどれだけの対価を支払えるだろうか?

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

放送はスタートしたものの、準備不足で作り手側の戸惑いも若干感じられる「NOTTV」。ここでは、放送規格としてのモバキャスが持つ可能性を再確認してみよう。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

4月初旬、”従来のテレビ放送ではない新しいもの”が相次いでスタートした。携帯端末向けのマルチメディア放送局「NOTTV」(ノッティーヴィー)とテレビやレコーダー向けのVODサービス「もっとTV」(もっとテレビ)だ。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

先日ソニーが発表した新型“BRAVIA”(ブラビア)を視聴に適した環境でチェックできた。そこで今回は、珍しく新製品のインプレッションをお届けしよう。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

そもそも、”新生活”を送る新しい世代の人たちから見た”テレビ受像機”の意味は、30代以上の世代とは異なる。時間の使い方は多様化しているからだ。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

先週の記事が掲載された後、「イマドキの新生活ならノートPCだけでも十分じゃないか?」という意見をいただいた。そこで今回は、テレビチューナー搭載ノートPCや外付けチューナーユニットのオススメを紹介していこう。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

春といえば新生活シーズンということで、個室に適した小型テレビ選びのポイントを解説しよう。ただし、テレビの視聴スタイルは多様化しているため、製品ジャンルとしての「テレビ」にはこだわらない。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

約800万画素の4Kテレビに、3000万画素超のデジカメ画像を映し出して意味があるの? と思う人が多いようだ。前回に続き、そのあたりをじっくり解説していこう。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

約800万画素の4Kテレビに、3000万画素超のデジカメ画像を映し出して意味があるの? と思う人が多いようだ。今回はそのあたりをじっくり解説していこう。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

テレビを取り巻く技術の面では、デジタル写真への対応をさらに高めていく準備は整っている。先日開催された「CP+2012」では、いくつかの興味深い提案が見られた。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

韓国メーカー2社は、「2012 International CES」のプレスカンファレンスで“テレビの画質”という側面に関して、あまり強く訴求しなかった。全面に押し出しているのは、あくまでもデザインだ。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

LG電子とサムスンがCESで展示した55V型有機ELディスプレイ。日本では出ないのでは? と思っている方もいるだろうが、すでに日本市場に参入しているLGはもちろん、サムスンも日本への再参入を計画している。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

ネットの口コミからブレイクした“Olasonic”(オラソニック)のスピーカー。かくいう筆者も以前はまったく知らなかったが、知人があまりにも強く「一度、聴いてほしい」というので、それならばとたずねてみた。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

ここ数年、テレビの話題にすっかり隠れていた家庭向けプロジェクター。しかし製品としての進化は継続しており、今年はかなり力の入った製品が登場している。高級機と普及機に分け、注目モデルを紹介しよう。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

先週の続き。各社のテレビを次々に視聴していくと、意外なところで素晴らしいテレビと出くわした。日立の“Wooo”「L46-S08」である。アルミボディーを得て洗練された外観とともに、「S-LED」によるローカルディミングに注目だ。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

ことテレビに関しては、海外と日本では製品の動向がまったく異なる。もともと、テレビには各地域ごとに放送を中心としたコンテンツの楽しまれ方に違いがあるからだ。その国の事情に合わせて進化するテレビについて考えてみよう。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

わたしがスマートテレビの条件として提示したのは、新しいネットワークサービスへ柔軟に対応できること。そして動画のネット配信は、新しいフォーマットへの対応性も高い。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

「スマートテレビ」において重要なのは、新たなサービスに柔軟に対応できるかどうか。なぜなら、インターネット上で提供されるサービスが変化していく速度とテレビの買い替えサイクルを比較すると、前者の方が圧倒的に速いからだ。

【本田雅一 , ITmedia】()
本田雅一のTV Style:

スマートテレビに関しては過去に2回、記事を掲載しているが、いま一度、スマートテレビというカテゴリーの認識について、大まかな意識の共有をしておきたい。自問自答の質疑応答形式で進めよう。

【本田雅一 , ITmedia】()