着信メロディは再び自分で作る時代に?──MIDIファイルやWAVファイルを着メロに変換

単音の着信メロディを,雑誌を片手に打ち込んでいた時代は終わった。しかし,MIDIやWAVファイルを変換して着信メロディを作る道は残されている。

【国内記事】 2001年4月3日更新

 最新携帯電話の着信音は16和音がもはや常識となっており,単音時代とは比べ物にならないクオリティの着信メロディを楽しめる時代となっている。最近では,黒電話のベルなどのような効果音を着信音として使用できる端末もあり,非常に個性的な着信音設定に驚かされることも多い。

 しかしその着信音データ自体の作成方法は初心者には難しいものだ。そのため着信音データは有料サイトなどからダウンロードするのが一般的となっている。

 端末のみで着信メロディを入力するのは,かなり難しくなってきている。一部の端末では16和音の着メロも作成可能だが,ほとんどの機種では3〜4和音までだ。やってみれば分かるが,3〜4音でも携帯電話で入力するのは極めて困難だ。

 単音メロディ時代のように着メロ本片手にオリジナル着メロ入力ということはできなくなってきている。だが,せっかくの高性能音源を自由自在に操りたいと思うのは当然。筆者もその一人で,嬉々として入手したauの16和音端末「C406S」に個性的な着信音を鳴らさせるべく,その方法を探ってみた。

MIDIファイルを変換して着メロにする

 端末で16和音の着メロを作成できないなら,外部で作成したものを端末に転送するしかない。ここで魔法の箱・パソコンの登場となる。

 まずは音色配列形式ファイルであるスタンダードMIDIファイル(以下MIDI)を変換するという道が思い浮かんだ。MIDIならば古くからあるデータ形式で,Webからダウンロードしてくることも比較的容易だからだ。

 端末が扱える音楽データの形式はまちまちで,同じキャリアだからといって必ずしも同じデータ形式が使用できるわけではない。搭載している音源チップによってかなりの違いがあるからだ。また同じ音源チップを搭載している機種でもヘッダなどに違いがあり,キャリアが違えばデータはそのまま使用できないのが一般的である。

 C406Sが扱えるメロディファイルはMMF。ヤマハが開発した「smaf」形式のデータだ(関連用語)。拾ってきたMIDIファイルをこの形式に変換すればいい。変換ソフトももちろんWebから探し出すことにした。

 J-フォンのsmd形式ならばKoNDoH氏の作成による「smdEd」というとても便利なツールが存在する(ミラーサイトはこちら)。MIDIからの変換が可能で音符入力による編集,新規作成も可能だ。smdEdはiモードにも対応しているので,ドコモユーザーにも便利。

 さて,MMF形式もsmdEdはサポートしているのだが,今回は別のソフトを使用した。Puc.氏による「MML2MMF」だ。MMLという,文字列で記述可能な音楽ファイルをC406Sで使えるMMF形式に変換してくれるものだ。

 しかしMML2MMFはMIDIファイルからの変換には対応していない。APO氏による「PS-PLAYER」ならばMIDIファイルをMMLに変換できる。MIDIをPS-PLAYERでMMLに,そのMMLをMML2MMFでMMFに変換することになる。

 完成したMMFをEメールに添付してC406Sに転送してみたところ,部分的にはぎこちないところもあるが,ほぼ完璧に着メロとして再生できた。

WAVファイルを着信音に!

 さて次は,効果音を着信音にする方法を探った。元データは,やはりWAVE形式が手っ取り早い。C406Sのサウンドデータは米Qualcommの提唱するqcp形式。そしてWAVEファイルからqcpファイルを作成するにはQualcommの「PureVoice Converter」を使用する。

 コマンドライン形式のツールであるため,初心者には扱いづらいかもしれない。しかし,このツールをマスターすれば自分の声やタレントの声を手軽に着信音にすることができるのだ。筆者の場合はWindowsの起動音を着信音にしている。注意点として元となるWAVEファイルが16bit,8000Hz,モノラルのデータでなければいけないことが挙げられる。

 なお,J-フォンとiモードでは先ほどの最強ツール,smdEdが使用できる。

 端末の音源性能が飛躍的に向上したため,手入力での完全オリジナル着信音の作成は困難になった。しかしWebから入手できる変換ツールや音データで個性的で楽しい着信音を作成することができる状況なのである。

関連記事
▼ 着メロ,16和音,24和音の秘密とは?──エクシング
▼ RZ-J90は最強の着メロ端末
▼ ヤマハの“MIDI着メロ”コンバータはどこまで使える?
▼ smdEd Ver.4.47

[折笠光裕,ITmedia]

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!