「!広告!」で何が変わったのか?

迷惑メールのSubjectに「!広告!」が付いてくるようになった。しかし携帯電話の場合,それを迷惑メール削減に結びつけるのが難しい。キャリアはサーバ側での処置は困難というが……。

【国内記事】 2002年2月28日更新

 「!広告!」。この文面を最近メールでよく見かけるようになった。これは迷惑メール対策として,経済産業省が広告メールのSubjectへの表示を義務づけたもの。2月1日の適用から約1カ月が過ぎた。「!広告!」によって何が変わったのだろうか。

ほとんどの迷惑メールは表示義務を守っているが……

 「!広告!」を表示しない場合,業者は業務停止を含む行政処分の対象となるとあって,ほとんどの迷惑メールが表示を行っている。「迷惑メール撲滅運動」を行っているネットビレッジによると,「(iモード向け迷惑メールの)95%くらいには!広告!が付いてくる」という。

 しかし,この措置によって迷惑メールが減ったかというとそんなことはない。ネットビレッジの調査でも2月に入ってからも迷惑メールの数に大きな変化はない。「1月は平均100通のペース。2月は平均80通ペースだがこの数日130通ペースになっている」(ネットビレッジ)

 経産省では「!広告!と表示されたメールは“自動削除”とあらかじめ設定しておくことにより,メールを自動的に削除できる場合もあります」としている。確かにPCに向けて送られる迷惑メールの場合には,ISPによってはフィルタリング処理を行える場合もある。

 例えば@niftyでは,Webページ上から「Subjectに!広告!が含まれるメールはサーバから削除」といった設定が無料で行える。

携帯でも「!広告!」のフィルタリングを

 問題は携帯電話の場合。通信料金のことも考えると,Subjectに!広告!がある場合,受信しない設定ができるとありがたい。しかし携帯キャリア各社によると,現在のところSubjectの内容によってメールを自動的に削除するようなことはできない。

 これはメールサーバの大きな改修が必要という以外にも,理由がある。“通信の秘密”を守るためだ。「(メールの)件名で(自動的に削除するかどうかといった)判断を行うと,メールの内容を見ることになる」(J-フォン広報部)

 Subjectによる自動削除に関してはドコモも慎重だ。「(2002年度中に導入予定の)選択受信機能で対応できると考えている(2001年11月の記事参照)」(ドコモ広報部)

 KDDIだけが「指定受信拒否」機能を盛り込んだ際に(2月26日の記事参照),「Subjectによるフィルタリングも検討中」と答えている。

 実際のところ,!広告!のついたメールを受け取ったら,面倒だな……と思いながら,ひとつひとつ削除しているのが携帯ユーザーの現状ではないだろうか。

端末側で改善できる,これだけのこと

 メールサーバ側での対応にはまだ時間がかかりそうだが,携帯電話自体──端末の機能として!広告!に対処するというやり方もある。

 メールを受信した後で……ということになるが,Subjectに!広告!があるメールを自動削除するというものだ。キャリアのメールサーバ側でのフィルタリングが,コストや負荷の問題で難しくても,端末側での対応は簡単なはず。

 昨今の端末は,メールの振り分けも高度化しており,フォルダ分配と共に,個別に着信音や音量さえ設定できる。迷惑メールを受信しても音も鳴らず,メールボックスからも自動的に削除されている──こんな機能の実装は可能だろう。

 既に,ドコモの富士通製端末「F211i」では,Subjectに含まれる文字を指定して,フォルダ分けを行う機能が搭載されている(ただし,残念ながら未読のメールは振り分けることができない)。

 総務省のまとめによると,迷惑メールが“迷惑”な理由としては以下のようなものがある。

  • 内容が不快
  • 時間に関係なく着信する
  • 課金が発生する
  • メールの遅延が発生する
  • アドレス変更不要メールなどの手間

 端末側でフィルタリングを行った場合,「課金の発生」「メールの遅延」などは対処しようがないが,少なくとも迷惑メールでフォルダが埋まってしまったり,夜中にメール着信音が鳴り続けるという事態は避けられる。

 最後に,端末にぜひ実装してほしい機能が1つ。迷惑メールを避けるために多くの人が携帯メールのアドレス変更を経験しているかと思うが,その際に面倒なのが変更したアドレスを友人に通知すること。これを端末が自動でやってくれないだろうか?

 ずばり,「アドレス変更通知機能」。要は,アドレス帳から複数のユーザーを選んで“アドレス変更を通知する”をメニューから選択すると,「アドレスが変わりました。次からは○○○@○.ne.jpにメールを送信してください。名前」というメールが送信されるという機能だ。

 キャリアのさまざまな対処にもかかわらず迷惑メールはまだまだ残っている。“迷惑メール対応”を謳った端末の登場を期待したい。

関連記事
▼ 「!広告!」をSubjectに表示義務 経産省がスパム対応で
▼ 総務省,迷惑メール対策の中間取りまとめを発表
▼ ドコモのスパムメール対策,「らくらくホン」より「らくらくスパムメール拒否」を
▼ ネットビレッジとデジタルストリート「迷惑メール撲滅運動」を強化
▼ “迷惑メール”と“遅延メール”に関する「誤解」

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!