Mobile:NEWS 2002年10月29日 07:19 PM 更新

QVGA液晶の写メール端末「J-T08」、液晶が鏡になる「J-SA05」

J-フォンは、320×240ピクセル表示対応の写メール対応携帯電話「J-T08」および液晶ディスプレイが鏡に早変わりする「J-SA05」を発表した。11月下旬以降、順次発売する

 J-フォンは10月29日、写メール対応携帯電話「J-T08」「J-SA05」を発表した。11月下旬以降、順次発売する。

320×240ピクセル(QVGA)表示対応の「J-T08」

 東芝製「J-T08」は、320×240ピクセル(QVGA)/26万色表示の2.2型「スーパーファインポリシリコンTFT液晶」を搭載。PDAに匹敵するQVGA液晶ディスプレイの搭載は世界初(7月5日の記事参照)。最大306文字(18文字×17行)を表示可能だ。背面に1型のサブディスプレイ(6万5536色STN・80×60ピクセル)も備えた。

J-T08のカラーバリエーション(左からフロスティレッド、ムーンシルバー、パールピンク)

 カメラは31万画素CCD。暗い場所で自動的にオンになるオートフラッシュ機能を搭載したモバイルフラッシュも内蔵した。 従来外付けとして提供されていた“フラッシュ”とは異なり、連続点灯なども可能。VGAサイズの撮影が可能で、「J-SH09」同様市販のケーブルでデータをPCに転送できるという。

 また最長約3分の動画の録画・再生が可能な「ハンディビデオ」機能を搭載。タイトルフレームをつけたり、カット・分割などの編集もできる。静止画として1コマをキャプチャして写メールとして送信する機能も。動画フォーマットにはMotion JPEGを採用した。「着信ビデオ」として着信時に動画をサブディスプレイにメモリダイヤルごとに再生できる「マイビデオコール」も設定可能だ。

 漢字変換エンジン「Mobile Rupo」は入力予測変換に加え、前後の言葉の関係性から変換する「AI変換機能」を新たに搭載。またメールの相手別に最大5つの辞書に変換する新機能「パーソナル辞書」も備えた。相手によって異なる予測候補を表示してくれる。

 「ワン切り」対策機能も搭載しており、メモリダイヤルに登録されていない番号からの着信があった場合、着信音を約3秒間鳴らさず、着信履歴に呼び出し時間やアイコンを表示させることができる。

 主な仕様は以下の通り。

製品名J-T08
サイズ約48(幅)×95(高さ)×25(厚さ)ミリ(折りたたみ時)
重さ約112グラム
連続通話時間/連続待受時間約115分/約300時間
1画面最大表示文字数(全角)306文字(18文字×17行)
メール受信保存容量約2000Kバイト(スカイメール最大2000件)
着信メロディ和音数40和音(6Kバイト対応)
Javaアプリ保存件数約600Kバイト/20件
バイリンガル
ボディカラーフロスティレッド、ムーンシルバー、パールピンク
価格4万7000円

液晶ディスプレイが鏡に早変わりする「J-SA05」

 三洋電機製「J-SA05」は、1.8型120×144ピクセル表示のメイン液晶ディスプレイがワンタッチで鏡に変わる「ミラーディスプレイ」を備えた。「液晶が鏡のように反射するよう変わる機能」だという。背面には1型TFT「お知らせディスプレイ」を搭載し、マイコール機能に対応する。 6万5536色表示で72×72ピクセル。

J-SA05のカラーバリエーション(左からブライトシルバ− パウダ−ホワイト ディープネイビ−)

 カメラ部は有効10万画素CMOSセンサ。背面液晶を“自分撮り”用ファインダーとして使用することも可能だ。背面には小物が照らせる「キーライト」を搭載。ただし「着信用のランプを使うもので、カメラ撮影時のライトには使えない」(J-フォン)という。

 日本語入力は「モバイルWnn V2」。予測変換と通常変換を簡単に切り替えられ、確定した文字列を未変換状態に戻せるアンドゥ機能などを備えている。

 「J-SA04」と比べ、折りたたみ時の長さが約10ミリスリム化した。ワン切り対策機能も備えている。なお、Javaアプリには対応していない。

 主な仕様は以下の通り。

製品名J-SA05
サイズ約47(幅)×85(高さ)×25(厚さ)ミリ(折りたたみ時)
重さ約97グラム
連続通話時間/連続待受時間約130分/約360時間
1画面最大表示文字数(全角)80文字(10文字×8行)
メール受信保存容量約500Kバイト(スカイメール最大2000件)
着信メロディ和音数16和音
バイリンガル
ボディカラーブライトシルバ−、パウダ−ホワイト、ディープネイビ−
価格3万5500円



関連記事
▼ 液晶高精細化、“避けられぬ”端末メーカーと“望まぬ”ドコモ
「主流が2.2インチ、解像度もQCIFからQVGAに変わりつつある──」。東芝は携帯電話向けディスプレイの進化をこのように語る。しかし、そこにはコストアップに苦しむ端末メーカーと、サービスの発展のためには単純に高精細化を喜べない通信キャリアの姿があった


関連リンク
▼ J-フォン ニュースリリース

[ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!