Mobile:NEWS 2003年4月5日 10:25 PM 更新

これが世界初のメガピクセル携帯「D505i」だ!(1/2)

2002年5月の「504i」発表から約1年──。iモードの新モデル「505i」が近々登場する。三菱電機製「D505i」は123万画素相当の写真を撮影できるカメラにメモリースティックDuoスロットが搭載される

 ドコモが予告していたように(2002年11月18日の記事参照)「505i」が、近々披露される。

 505iの機能については、既に発表されているMacromedia Flash搭載(2月24日の記事参照)のほかにも、液晶のQVGA化(3月24日の記事参照)、(一部端末の)メガピクセルカメラ搭載、メモリカード搭載などが関係者の話として伝わってきている。

 そんな中ZDNet Mobileは、三菱電機製端末「D505i」の情報を入手した。さっそく写真で見ていこう。

QVGA液晶搭載、デジカメライクな撮影スタイル

 D505iに搭載されるのは、富士写真フイルムの63万画素スーパーCCDハニカム。これは八角形の受光素子を市松格子状に並べ、信号処理で解像度を向上させる技術(2002年7月3日の記事参照)。スペックでは63万画素CCDながら最大記録画素数は123万画素になる。そのためD505iでは960×1280ピクセルの画像も撮影可能だ。


これがD505i。背面には6万5000色表示の120×160ピクセル表示の液晶を搭載


裏側はまるでデジタルカメラのようだ


メインディスプレイは26万色表示可能なQVGA液晶。カメラは。63万画素スーパーCCDハニカムで最大記録画素数は123万画素


端末の左にあるのはメモリースティックDuoスロット


メモリスロットや63万画素カメラを搭載しながら大きさはN504iSより一回り大きい程度

 面白いのはカメラ部分の作り込みだ。カメラはヒンジ部分に設置され、端末を開いた状態では自分撮りのみができる。他人や風景を撮る場合は端末を閉じてデジタルカメラのようなスタイルで撮影するのだ。端末を閉じるとヒンジ部のレンズが背面に回転し、撮影可能な状態になる仕組みだ。

 レンズ部は端末の開閉に合わせて動くため、東芝の「T2101V」(2002年9月20日の記事参照)や富士通の「F2051」(1月31日の記事参照)回転カメラのように、レンズ部のみを回転させることはできない。


ヒンジ部に搭載されたレンズ。端末を開けた状態で裏返すとカメラ用の窓のみが見える。端末を閉じるとヒンジ部のレンズが回転し、背面の窓にレンズが収まる


閉じた状態で撮影する際には端末側面のボタンがシャッターになり、背面液晶がファインダーになる。背面液晶には現在の撮影状況が表示される


カメラの脇には撮影補助用のライトも

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 1/2 | 次のページ



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!