Mobile:NEWS 2003年5月22日 05:14 PM 更新

ドコモ、携帯でクレジット決済可能な「DoCommerce」

ドコモがiモード上でのクレジット決済利用を簡単にするサービスを開始する。クレジットカード情報をドコモが一括管理することで、ユーザはパスワード入力のみで商品購入をクレジット決済できる

 NTTドコモは5月22日、iモード端末を利用したクレジット決済サービス「DoCommerce」(ドゥコマース)を5月26日に開始すると発表した。あらかじめドコモにクレジットカード情報を登録しておくことで、ネット上のショッピングを簡便に行える「クレジット決済代行」サービスと、銀行・郵便貯金の口座残高などが確認できる「マネーチェック」サービスを提供する。利用料金などは無料。

 ショッピングサイトは総合ショッピングモール「ウエストゲート」など60社から始める。加盟店を順次増やしていくと共に1年後には会員数90万人を目指す。


パスワード入力のみで決済完了。手軽さ目指す

 クレジット決済代行は、iモード端末を利用してパスワードのみで簡単にクレジット決済が行えるサービスだ。通常のクレジット決済では、いちいちカード番号や有効期限を入力する必要があったが、ドコモがこれらを管理することでユーザーは簡単に購入が行える。

 「電話番号をIDと位置づけているので、IDの入力は不要。できるだけ操作のステップを少なくしたい。かつ安全性は高める」と、同社MM事業本部エマージングビジネス部のモバイルEC推進室 木下直樹担当部長は説明する。

 クレジットカードはVISA、MasterCard、JCBが利用可能。複数のカードを登録することもでき、ユーザーは決済時にカードを選択する。パスワードはユーザーが任意に設定でき、どのカードでも1つのパスワードで利用できる。


 マネーチェックサービスは、アカウントアグリゲーション機能を利用し、各金融機関の口座残高、クレジットカード請求情報が一覧できるサービス。ユーザーはあらかじめ各金融機関のインターネットサービスに加入しておく必要がある。

 利用できる銀行は、みずほ銀行、みずほダイレクト、東京三菱銀行、東京三菱ダイレクト、三井住友銀行、One'sダイレクト、UFJ銀行、UFJダイレクト、ジャパンネット銀行、イーバンク銀行。クレジットカードサービスは、ジェイシービーの「My JCB」、三井住友カードのVp@ssClub」など8社に対応している。


リアル店舗への展開は様子見

 携帯キャリアがユーザーのクレジットカード情報を一括管理して、ネット上でクレジット決済を簡便に行えるサービスは、J-フォンも「SkyCheck」という名称で開始している。DoCommerceではネット上で開始登録をできるようにするなど簡単に使えることを差別化の1つとする。

 KDDIは「Kei-Credit」という名称で、携帯電話からクレジット決済が行えるサービスを試験しているが、こちらは実店舗でも利用できる方向で検討中。DoCommerceではリアル店舗での利用について「インフラ整備が付いて回る。可能性を否定するものではないが、まずはここ(ネット)から」(木下氏)と話し、業界を盛り上げていくところから始めたいと言う。

 DoCommerceの問題の1つは、アクセス方法だ。いわゆるiモードの公式サイト──iメニューからはアクセスできず、ユーザーはDoCommerceサイト(http://dcmm.jp/)にアクセスする必要がある。

 木下氏は「ドコモにはPHSやPC、PDAもある。それらへの対応を考えたとき、閉じたiモードサイトではその他への展開が限られてしまう」とその理由を説明する。

 ただし、DoCommerceがiモードサービスとほとんど連携しないものであるのは間違いないだろう。加盟店もiモードの公式サイトを運営している必要がなく、当初の60店舗も「ほとんどがiメニューに入っていないマーチャント」(木下氏)。



関連記事
▼ 携帯でクレジット決済〜対応自販機が登場
財布を携帯電話に取り込む動きが着々と進んでいる。ビジネスシヨウKDDIブースでは、Kei-Credit試験サービス向けの対応自販機が展示されている。携帯電話から商品を購入でき、端末内部のクレジットで決済が行われる

▼ KDDI、携帯を利用したクレジット決済「Kei-Credit」の試験開始
「携帯内にクレジットカード番号などを記録し、ネットや実店舗で簡単にクレジット決済を利用」──KDDIが予定しているテストの名称と概要が明らかにされた

▼ ビザとドコモ、504iの赤外線でクレジットカード決済
504i、504iSシリーズに搭載されたiアプリと赤外線通信機能を使い、携帯電話をクレジットカード代わりにする試みが始まる

▼ 携帯が“財布”になるために
携帯電話が財布代わりになるために、通信キャリア各社は取り組みを始めている。携帯とレジとの通信手段では、2次元バーコード、赤外線などが既に実用化されているが、切り札として控えているのが「非接触ICカード」だ

▼ J-フォン、高額商品も取引可能なモバイル決済サービス■「SKY CHECK」発表
J-フォンがクレジットカードを使った決済サービスに乗り出す。利用者のID,パスワードのほか携帯電話のIDも認証に使うため、安全性が高く、高額商品の購入にも利用可能だという

関連リンク
▼ ニュースリリース

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!