Mobile:NEWS 2003年8月11日 06:25 PM 更新

新規、即解約。携帯をデジカメ代わりに使う若者たち

メガピクセルカメラ付き携帯電話を、新規で購入してすぐに解約してしまうユーザーが出てきた。デジカメ代わりに使おうという意図だ。まだ数は少ないが、インセンティブシステムの矛盾を突く行動だ。

 「メガピクセル携帯を買って、すぐに解約しました。デジカメとして使おうと思って……」。携帯の“通信以外”の機能がアップするなかで、若者がこうした行動を取り始めた。

 「若い子は“自分撮り”をする。自分や周りの人を合わせて撮るには、普通のデジカメよりも携帯のカメラのほうが便利」だと、ある携帯雑誌編集者は分析する。携帯に慣れた彼らにとっては、普通のカメラよりも縦位置で撮影する携帯のカメラのほうが一般的で分かりやすいのだと言う。

 これだけなら、カメラのとらえ方が変わってきたに過ぎない。ところが、「機種変更をするよりも、新規で買ってすぐに解約したほうが安い」(同編集者)ことが、問題を引き起こす。

 通話やメール、Webアクセスなどと違い、カメラ撮影機能は解約しても引き続き利用できる。特に、505iシリーズに代表される外部メモリカード搭載端末では、電話番号が入っていなくてもデジタルカメラ同様に使えることから、クチコミでこうしたやり方が広がったと見られる。

キャリアのインセンティブを逆手に取る

 これが問題となるのは、新規端末にインセンティブ(販売補助金)を付けて販売するというシステムの根幹に関わるものだからだ。

 よく知られているように、携帯電話の店頭価格は端末の製造コストよりも安い場合が多い。具体的に言えば、5万円で作った端末が2万円で売られている。この差額の3万円を埋めるのが、キャリアが販売店に支払うインセンティブだ(2月6日の記事参照)。キャリアは一時的にコストを負担するが、契約者が長期間携帯を利用してくれれば基本料金や通話料で回収できる。この仕組みが、日本の携帯の爆発的普及と高機能化を支えてきた。

 しかし、新規で購入したユーザーがすぐに解約するとなると、インセンティブモデルは崩れる。キャリアはメガピクセルカメラを赤字で販売しているのと同じことになってしまうからだ。

200万画素、光学ズームで問題は深刻に

 これは、今でこそ限られたユーザー間での問題に過ぎないが、カメラ機能が向上したり価格が低下したタイミングでは、大きな問題になりそうだ。

 ドコモの504iSシリーズの価格動向を見ていくと、発売当初3万円前後だった価格が、約半年で1万円程度に下落した。505iシリーズも、505iSシリーズが登場する年末や、新型FOMAが出てくる来年頭にかけては1万円程度まで価格が下がってくることが予想される。

 弊誌記事でメガピクセル端末と比較したカシオの100万画素デジカメ「EXLIM EX-S1」の価格は1万円後半。いずれ“デジカメを買うよりメガピクセル携帯を買って、解約したほうが安い”となるのは間違いない。

 さらに200万画素化、光学ズーム搭載などによって、問題は深刻になっていく可能性もある。

キャリアが対策を行う可能性も

 もちろん、“新規即解約”により最も被害を受けるのは通信キャリアだ。対策としては、例えば電話番号が入っていないとカメラ撮影ができないようにするなども技術的には可能だ。

※「最も被害を受けるのは通信キャリア」という点について、「新規即解約について最も被害を受けるのは代理店だ」というご指摘をいただいた。多くの場合、新規即解約を行うと、インセンティブの支払いが行われない。契約後、数カ月間の解約を禁じる、いわゆる“縛り”をキャリアが建前上禁じているにもかかわらず、行っている販売店があるのは、このせいだ。(8月12日付記)

 しかし今のところ大きな動きにはなっていないためか、「動向を見て数が増えるようなことがあれば対策も」(ドコモ広報部)と言うに留めている。

 端末メーカーの中でも心配する声がある。「カメラのクオリティにはかなり力を入れた。(電話としてではなく)カメラとして使ってしまうユーザーもいるかもしれない。ウチはいいのだが、キャリアさんはどうするのだろうか」(メガピクセル携帯を開発したあるメーカー)

 これまで携帯電話は、“通信をより使わせる”ために進化してきた。ところが通信容量よりオーバースペックのカメラが搭載され始めたことで、通信キャリアだけでなく周辺の業界(例えばデジカメ業界)にも思わぬダメージを与える可能性が出てきた。

 最初から解約するつもりで、新規購入するユーザーが出てきたのは、携帯高機能化が行き着くところまで行ったことを象徴しているのかもしれない。



関連記事
▼ メガピクセルの夏
▼ 2003年度、メガピクセルはカメラ付きの43%に〜矢野経
100万画素オーバーのメガピクセル端末が、大幅に出荷数を伸ばしそうだ。2003年度のカメラ付き端末の43.1%、数量にして1700万台がメガピクセルカメラ付きになると、矢野経済研究所では予測している。

▼ 今年の携帯はデジカメ、ゲーム機を喰う?
今年の夏以降は、「携帯のせいでゲーム機が売れない」「携帯のせいでデジカメが売れない」。──そんな言葉がつぶやかれるようになるのかもしれない

▼ インセンティブモデルの功罪
最新モデルを安価に買える「インセンティブ」モデル。通信キャリアを中心とした「バリューチェーン」──。いずれも日本が世界に誇ってきたモデルだ。しかし、それら仕組みにもそろそろ綻びが見え始めている


▼ “キャリアのインセンティブ”を利用すれば、激安デジカメが買える?
通信キャリアは、最初に損をかぶっても携帯電話の販売価格を安く抑える仕組みをとっている。同じように携帯電話以外でも、キャリアの補助で安く買える製品が存在する。

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!