Mobile:NEWS 2003年10月21日 09:13 PM 更新

撮影モードが22種類〜横撮りケータイ「D505iS」

100万画素スーパーCCDハニカムを搭載した「D505iS」が10月23日に発売される。記録画素数は200万画素で22種類の撮影モードを装備。いち早く200万画素クラスの画質を楽しめる。

 デジカメライクに撮影できる「横撮りスタイル」はそのままに、さらにカメラ周りの機能を進化させたのが三菱電機製の「D505iS」(10月3日の記事参照)。100万画素スーパーCCDハニカムを搭載し、記録画素数は200万画素。最大で1224×1632ピクセルでの撮影が可能になった。


デジタルカメラの使い勝手に近づいた「D505iS」。ボディカラーはスカイグレー、エアリーホワイト、トワイライトブルー

 レンズにもこだわっており、業務用テレビカメラや医療機器などでも使われている富士写真フイルム製の「フジノンレンズ」が搭載されている。


100万画素スーパーCCDハニカムを搭載。ズームボタンはシーソーのように傾けるタイプのものになった

「グルメ」「ペット」「トワイライト」……撮影モードは22種類

 記録画素数の向上に伴い、よりデジタルカメラのように使うことを意識した機能が搭載されているのも特徴の1つ。D505iSには、22種類もの撮影モードが用意され、選ぶだけで撮りたい写真に近い設定が自動的に行われる。

 「トワイライト」「夜景」「風景」など、撮影環境に合わせて設定するモードのほか、「サーフ&スノー」「スポーツ」など、シーンに合わせた設定や、「ペット」「グルメ」「文字」など撮影対象に合わせた設定も可能。「スポット測光」「逆光補正」「感度アップ」などデジタルカメラに搭載されるようなモードもあるのがユニークだ。


閉じたままでも設定の変更が行えるようになった

 ズームも従来の倍率ごとに切り替わるものからリニアズームに変わり、なめらかなズーミングが行えるようになった。

 また、VGAで撮影した画像でもiショットメールに貼り付ければ、iショット(S)サイズに自動縮小してくれる機能も気が利いている。

 ボディカラーはスカイグレー、エアリーホワイト、トワイライトブルーの3色。


505iSシリーズの中では最も軽い113グラム


前モデル同様ヒンジ部にカメラが備えられ、端末を開くと自分撮り用、閉じると風景撮り用レンズとして使える仕組み


  • 主なスペック

端末名D505iS
サイズ106×49×26
重さ113グラム
連続待ち受け時間約520時間
連続通話時間約135分
メインディスプレイ2.2インチ26万2144色TFD液晶
サブディスプレイ1.1インチ6万5536色TFD液晶
カメラ100万画素(記録画素数200万画素)
外部メモリメモリースティックDuo
ボディカラースカイグレー、エアリーホワイト、トワイライトブルー



関連記事
▼ 505iSシリーズ5機種発表〜D505iS発売は23日
年内に発売と目される、ドコモの505iSシリーズ5機種が発表された。PやNも含む全機種がメガピクセル以上のカメラを搭載し、SH505iSはAF付き202万画素カメラを載せた。P505iSは、折りたたみかつ横回転の独特なヒンジ機構を備える。

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!