ニュース
» 2004年09月01日 14時36分 UPDATE

「N900iG」「W22H」「902SH」がJATE通過

一気に3機種がJATEを通過した。N900iGは、末尾にGが付くことからGSM/W-CDMAのデュアル端末ではないかと推測される。謎の端末「902SH」も登場した。

[杉浦正武,ITmedia]

 ドコモのFOMA端末「N900iG」がJATEJ(電気通信端末機器審査協会)を通過した。8月10日付けで認定されている。

 末尾にGがつくことから、GSM/W-CDMAのデュアル端末ではないかと推測される。ドコモは、2004年度下半期に「900iG」端末をリリースすることを明らかにしている(7月30日の記事参照)

 auのCDMA「W22H」もJATEを通過した。こちらは8月6日付けで通過している。

 WはWIN端末、22は「2年目に出た2機種目」であることを意味する。1X WINに対応していると見ていいだろう。

 シャープ製の「902SH」という端末も、8月6日付けでJATEを通過している。

 902という名称がFOMA端末を連想させるが、ドコモの示したロードマップに「902xx」という機種名はまだ出ていない。ほかのキャリアからリリースされる可能性もある。

 同じ902SHという名称の端末が、Bluetooth Qualification Programのページに掲載されている。W-CDMAとGSMのデュアル端末で、ハンズフリープロファイル、ヘッドセットプロファイル、OPP(オブジェクトプッシュプロファイル )などに対応しているようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.