レビュー
» 2005年01月28日 00時30分 UPDATE

「F901iC」のPC連係機能を試す (3/3)

[坪山博貴,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

miniSDカードにもアクセスできる〜USB接続対応の充電台

 F900iTで採用された、USB接続対応の充電台が復活したのも大きい。充電台にはUSB Bポートが備えられており、F901iCを充電台に置くだけでPCとUSB接続できる。なおUSBケーブルは付属しないため、手持ちのものを使うか別途購入する必要がある。

 F901iCで進化したのは、USBマスストレージクラスにも対応し、端末内に入れたminiSDカードへPCからリムーバブルディスクとしてアクセス可能になった点だ。なお通常のデータ交換やデータ通信が行えるUSB接続と、USBマスストレージ接続は切り替え式になっており、F901iC側の操作が必要だ。

 F901iCのUSBモード設定で「miniSDモード」に切り替え、PCにUSBケーブルで接続した充電台に乗せると、PCからF901iCに装着したminiSDカードにアクセスが可能になる。Windows XP/2000などではドライバも不要だ。

sa_f10.jpg
 F901iCに装着したminiSDカードにアクセスするには、まずminiSDモードに切り替える必要がある。このメニューを呼び出すにも「MENU」-「6」-「5」-「4」と最短4ステップも操作があるのは気になる

 F901iCに装着したminiSDカードにはWindowsのエクスプローラなどでアクセスできるほか、「miniSDユーティティ」からもアクセスできる。操作はメモリカードリーダを利用した場合などと変わらない。

 実用性はどうだろう。512MバイトのminiSDカードを用いて一度初期化し、ユーティリティからiTunesで128KbpsのACCフォーマットでエンコードした約6Mバイトの音楽ファイルをコピーしたところ、63秒かかった。同じファイルをエクスプローラでコピーすると43秒だ。純粋な書き込み速度が0.14Mバイト/秒程度で、ユーティリティを利用するオーバーヘッドも大きそうだ。

 ちなみにUSB 2.0接続のカードリーダーを使い、同じminiSDカードにユーティリティで約6Mバイトの音楽ファイルをコピーすると19秒、エクスプローラでコピーすると3秒程度で済んでしまった。

 F901iCの持つUSBマスストレージ接続機能は、何か作業しながらバックグランドで音楽ファイルをコピーするといった使い方では便利だが、出かける前にさっと音楽ファイルをコピーするといった用途には向かない。また本体側の切替え操作の手間まで考えると、ミュージックプレイヤーとして利用するなら、別途USB 2.0対応のメモリカードリーダを使ったほうがよさそうだ。

 もちろん充電台を利用したUSB接続は、PIMの同期や電話帳の編集などには便利に使える。“PCとのデータ連携は手軽なUSB接続、音楽ファイルの書き込みはメモリリーダ”と、使い分けするといいだろう。

 次回は従来の「F」からの改善点など、端末の使い勝手を紹介する予定だ。

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


前のページへ 1|2|3       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう