ニュース
» 2005年02月16日 07時04分 公開

韓国携帯事情:80バイトに思いを集約 韓国の顔文字 (2/2)

[佐々木朋美,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 イモティコンが花盛りとなるのが、クリスマスや正月といった年中行事の時期。特に旧暦正月(8日〜10日)とバレンタインデーという二大行事が連続している今年2月の第2〜3週は、イモティコンを提供するWebサイトに「正月特集」「バレンタイン特集」というカテゴリが一気に用意され、目に鮮やかなSMSが多く飛び交う。

どちらもお正月の挨拶用のイモティコン。左は韓国の民族衣装を来た男女。左は今年の干支の酉
バレンタインデー用のイモティコン。SMSの数がチョコと同じくらいステータスになりそうなほど凝ったデザイン揃い

中高生がSMS文化を作る

 SMSのヘビーユーザーといえば、日本同様、やはり中高生だ。韓国青少年開発院が昨年10月、全国の中高生1719名(中学生888名、高校生831名)を対象に行った調査によると、1週間に発信するSMSは平均142.23通、携帯電話を持つ理由としても「友だちとの通話またはSMS送受信」が67%で1位となっている。

 彼らにとってSMSは、単なる連絡手段ではなく1つの遊びでもある。さまざまなイモティコンの利用はもちろん言葉遊びも盛んで、韓国人の大人でも解読不能なものがあるほど。文章にも流行があって、暗号形式のSMSが流行したり、特殊な文体で人気を得たインターネット出身の女性作家の文体を真似したSMSが流行したりしている。「SMS中毒の青少年」「韓国語の破壊行為」という議論もなんのその。感性のままに言葉遊びを楽しむ様子は、日本の中高生となんら変わりはない。

1 22 4 26 9 31 14 36
21 3 25 8 30 13 35 18
2 24 7 29 12 34 17 39
23 6 28 11 33 16 38 20
5 27 10 32 15 37 19 40

通常通り、左上から右へ読んでいくと支離滅裂な文章になるが、番号表の順に読んでいくと「酒に酔うと1日が過ぎ、君に酔うと100年が過ぎる。これを解いたら、私に愛してるとSMSを送って」という意味になる。暗号SMSは、好きな人への告白や、友だちを気遣う内容が多い
1 5 9 13 15 11 7 3
17 21 25 29 31 27 23 19
2 6 10 14 16 12 8 4
18 22 26 30 32 28 24 20
番号表通りに読むと「君がもしこのSMSを完璧に読んだら、君の永遠の友だちになってあげる」
「すぐ後ろに私がいるよ」。インターネット出身の女性作家が流行させた文体。子音と母音を解体して書くことで、女子中学生や女子高生が書く文字のような雰囲気に
1番「こんにちは」、2番「楽しくチャットしよう」の意味。上段は省略形で、下段は本来の文。省略形は韓国の若者がチャットをする時によく使う言葉だ。大きく省略・変化するので、大人たちには解読不能

キャリアのSMS用サービス

 盛んにやり取りされているSMS用に、各キャリアでも料金プランを用意している。LG Telecom(以下、LGT)では、19歳以下を対象にした料金プランで、月25000ウォン(約2500円)でSMS無制限の料金プランを提供しているほか、月定額2000ウォン(約200円)で100件のSMSが無料となるオプション料金「SMS割引100件」を用意している。100件を超えた場合は1件あたり30ウォン(約3円)ずつ課金される。

 KTFとSK Telecom(以下、SKT)では、18歳以下を対象とした料金プランで、それぞれ月26000ウォン(約2600円)、27000ウォン(約2700円)払うとSMSが無制限無料となるプランを用意。また2人一緒に加入すると、加入者間のSMS送受信が無制限となる、それぞれ月22365ウォン(約2236円)、22000ウォン(2200円)のカップルプランも提供している。

 特にSMSサービスに力を入れているのがKTFだ。昨年はSMSの送信や送り先番号の管理などができるプログラム「ミニメッセージマネージャ」の提供を始めた。

 メッセージマネージャ会員は、月定額800ウォン(約80円)で月40件のSMS送信が無料となり、それを超過した場合には1件30ウォン(約3円)でSMSの送信ができるようになっている。

 また今年2月からは、SMSを相手が無事に受信したかを確認できる「同期SMS」サービスも始めた。送り先の電話番号の後ろに「#」さえ付ければ、1件50ウォン(約5円)で利用できる便利なサービスだ。また1件100ウォン(約10円)で、海外にSMSを送れるサービスも実施中。「##*+国番号+携帯電話番号」だけで、世界160カ国にSMSが送れる。

 旧暦正月やバレンタインデーに向けたSMSサービスも用意されている。SKTの「お正月交通SMS」は、旧暦正月に車で帰省するユーザーを対象にしたサービスで、利用者があらかじめ指定した時間の指定の道路情報を、SMSを使って1時間単位で知らせてくれる。

 またKTFの「かわいいSMS」サービスは、相手の電話番号の後に「*」か、前に「200」を付けて発信すると、メッセージ内容に合った絵やフォント、背景音楽が自動で設定される。受け取り手には鮮やかなMMSとして送信される仕掛けだ。

 ことあるごとに送られるSMSは、いまやハガキや手紙に代わる存在。今後も3月14日のホワイトデーや、恋人のいない人が寂しくジャージャー麺を食べる、4月14日の「ブラックデー」と、立て続けにイベントが続く韓国。その際にも楽しいメッセージが飛び交っていることだろう。

佐々木朋美

 プログラマーを経た後、雑誌、ネットなどでITを中心に執筆するライターに転身。現在、韓国はソウルにて活動中で、韓国に関する記事も多々。IT以外にも経済や女性誌関連記事も執筆するほか翻訳も行っている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう