ニュース
» 2006年03月23日 15時35分 UPDATE

360度回転ヒンジでアナログ放送を視聴できる「V604T」発表

ボーダフォンは4月下旬以降、アナログ放送対応のPDC新機種「V604T」を発売する。360度回転ヒンジを採用した点が特徴。

[杉浦正武,ITmedia]

 ボーダフォンは4月下旬以降、地上アナログ放送を受信可能なPDC新機種「V604T」を発売する。携帯を開いた状態から、ロック解除ボタンを押しながらさらに背面方向に回転して折りたためる「TVビュースタイル」(2005年1月31日の記事参照)を採用している。

Photo 写真はミントホワイト。テレビは横画面かつ全画面表示が可能
Photo アーシーブラウン(左)とベルガモットパープル(右)

 自由に角度を変えられる「TVロッドアンテナ」を搭載しており、受信感度を高めることができるとうたう。ステレオツインスピーカーと、FMラジオ専用チューナーも搭載。全国47都道府県のFM局が予め携帯本体にプリセットされているほか、0.1MHz刻みで選局できるデジタルチューニングにも対応する。

 テレビ視聴中に新着メールが届くと、画面下部にテロップでメールの内容を流す機能も用意した。これによりテレビ視聴中も、重要なメールを見逃す心配がない。なお、テロップ表示は新着メール受信時の1回のみで、初期設定はバックグラウンド設定が「テロップ非表示」になっている。

 FMラジオを聴きながら、そのままメールやWebを楽しめる「BGM機能」を備えるほか、設定した曜日・時刻になると、指定したチャンネルのテレビやFMラジオが起動する「タイマー起動機能」なども搭載している。なお、電池残量表示がレベル1以下になった場合や、一部の機能を操作中、またはリミットモードによる規制中は、アラーム音で設定時刻を通知する。またテレビとFMラジオは同時にタイマー設定できない。

 PC経由で別売のメモリカードに取り込んだAACファイルなどを再生可能。大きな文字表示と簡単操作の「シンプルモード3」や、携帯電話の使い過ぎを防止できる「リミットモード」なども搭載している。

 本体には「TVアンテナ付ステレオイヤフォンマイク」が付属する。V604Tの主なスペックは以下の通り。

機種名 V604T
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×103×25ミリ
重さ 約145グラム
カメラ 有効画素数131万 CMOS
連続通話時間 約120分
連続待受時間 約380時間
地上アナログテレビ連続視聴時間 最大約30分または60分(オートオフ設定で可変)
FMラジオ連続聴取時間 最大約1時間または3時間(オートオフ設定で可変)
メインディスプレイ 2.4インチ約26万色 240×320ピクセルスーパーファインTFT液晶
サブディスプレイ 1.1インチ約6万5000色 112×112ピクセルTFCC液晶
外部メモリ miniSD(別売)
そのほか Vアプリ(256kアプリVer.2)、今すぐ読メール、モバイル ルポ、迷惑メール振分、電子辞書、お天気アイコン、赤外線、バイリンガル、QRコード読み取り、3D待ち受けキャラ「くーまん」
ボディカラー ミントホワイト、アーシーブラウン、ベルガモットパープル

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.