ニュース
» 2006年05月24日 16時50分 UPDATE

ボーダフォンが南米などで国際ローミング拡大、キャンペーンも

ボーダフォンが国際ローミング対応エリアを拡大。新たにボリビア、ジンバブエ、ガボンで利用可能になる予定で、これで154の国と地域で通話できるようになる。

[杉浦正武,ITmedia]

 ボーダフォンは6月7日から、国際ローミング対応エリアを拡大すると発表した。新たに南米のボリビア、アフリカのジンバブエ、ガボンで利用可能になる予定で、これで154の国と地域で通話できるようになる。

 すでに対応エリアとなっている国や地域でも、提携する事業者数を順次増やす。6月7日の時点では上記154の国と地域のうち、61の国と地域で複数の事業者と提携することになる見込み。通話ローミングでは、合計217事業者のネットワークを利用できるという。

新しく利用できるようになる国(2006年6月7日時点)

提供サービス 国と地域
通話とSMS ボリビア、ジンバブエ、ガボン
「ボーダフォンライブ!」とモバイルデータ通信 アルゼンチン

 国際ローミングサービスをより楽しく利用してもらうべく、ドイツとハワイで同サービスを利用するユーザーに向けたキャンペーンも展開する。現地のグルメ情報やイベント情報などをメールで配信する「HOT★NEWS(ホットニュース)キャンペーン」で、ドイツでは5月26日から7月20日まで、ハワイでは6月1日から9月7日まで、それぞれ期間限定で実施する予定。

 ユーザーは、ドイツとハワイのフリーマガジンに掲載されているQRコードまたはURLからキャンペーンサイトにアクセスし、「HOT★NEWS」に登録する。情報は1日1回、現地時間の毎朝7時頃に配信されるという。キャンペーン登録後、アンケートに回答すれば限定グッズが当たるプレゼント企画も用意する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう