ニュース
» 2006年06月27日 15時46分 UPDATE

インドとジャマイカで使える──KDDI、GLOBAL PASSPORTのエリア拡大

KDDIは、日本で利用している端末を海外でも利用可能にする国際ローミングサービス「GLOBAL PASSPORT」についてエリアを拡大。インドとジャマイカでを使えるようになる。

[後藤祥子,ITmedia]

 KDDIは、日本で利用している端末を海外でも利用可能にする国際ローミングサービス「GLOBAL PASSPORT」について、対応エリアを拡大した。6月30日から、インドとジャマイカで音声通話サービスを利用可能になる。

 インドの通信事業者Reliance Infocomm、ジャマイカの通信事業者ceanic Digital Jamaicaとの相互協力で国際ローミングを実現。両社のサービスエリアで音声通話を利用できる。

Photo サービスエリアはニューデリー、ムンバイ、コルカタを含むインド全土
Photo サービスエリアはキングストン、モンティゴ・ベイを含むジャマイカ全土

 今回の提携によりGLOBAL PASSPORTの対応エリアは、中国、香港、韓国、米国をはじめとする20の国や地域に拡大した。

 GLOBAL PASSPORTの対応機種は、「A5514SA」「A5505SA」「A1305SA」「A1303SA」「C1001SA」「C412SA」「C111SA」の7機種で、インドで利用可能な端末はA5514SAとA5505SAの2機種となる。A5514SA、A5505SAを利用しているユーザーは、渡航前に海外提携事業者のPRL (ローミングエリア情報) をEZwebよりダウンロードし、端末内に保存されているローミングエリア情報を更新する必要がある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.