ニュース
» 2006年07月11日 16時23分 UPDATE

KDDI、絵文字メール自動変換機能を標準化──9月より

au/ツーカーの携帯で、他キャリア送信時における絵文字メール自動変換機能が9月より備わる。メール標準の機能として実装し、ユーザーはキャリアを意識することなく絵文字メール送信が行えるようになる。

[岩城俊介,ITmedia]

 KDDIおよび沖縄セルラーは7月11日、Eメールの絵文字を自動的に変換し送信する「絵文字互換サービス」を2006年9月5日より開始すると発表した。

 これまでau/ツーカーの携帯から他キャリアの携帯に、絵文字を含むEメールを意図した絵文字のまま送信する場合には、EZwebコンテンツの「絵文字め〜る」などを利用する必要があった。同サービスの開始により標準のメールサービスとして展開し、ユーザーが意識することなく絵文字メールのやりとりができるようになる。

 サービスの申し込み/利用料は不要。従来通り、メール作成/送信時と同様の手順で利用できる。

photo 絵文字変換イメージ例

 なお同日、ドコモも他キャリアへの絵文字メール自動変換機能を設けると発表。12日より開始するとしている。ボーダフォンは2005年11月に同機能をすでに実装している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.