ニュース
» 2006年08月07日 16時14分 UPDATE

ドコモが19万増、auの増加数はほぼ横ばい──7月契約者数

電気通信事業者協会(TCA)が、7月末時点での携帯電話・PHS契約者数を発表した。ドコモが純増を大幅に伸ばしたほか、ボーダフォンも純増を上積みしている。

[園部修,ITmedia]

 電気通信事業者協会(TCA)は8月7日、7月末時点での携帯電話契約者数を発表。携帯電話の契約数は累計で9325万3100となり、6月末からさらに38万3800増えている。

グループ名 2006年7月純増数 累計
NTTドコモ 19万1400 5186万3600
au(KDDI) 30万3100 2391万9400
ツーカー −13万8100 220万2500
ボーダフォン 2万7400 1526万7600
累計 38万3800 9325万3100
Photo 各キャリアの純増数の推移

 目を引くのはドコモの純増が19万1400と、6月の14万1000から5万契約強増えていること。ハイエンドの902iSシリーズを5月末から6月にかけて続々と発売したことなどが寄与したと考えられる。7月4日には702ixシリーズも発表しており(7月4日の記事参照)、他社を引き離しにかかる。

 auの純増は6月と比べて若干増えたものの、ドコモと比べると小幅な伸びにとどまった。ボーダフォンは、5月には1100しか純増がなかったが、6月に1万6600、そして7月に2万7400と徐々に立ち直っているようだ。

グループ名 単月シェア 累計シェア
NTTドコモ 49.9% 55.6%
au(KDDI) 79.0% 25.6%
ツーカー −36.0% 2.4%
ボーダフォン 7.1% 16.4%
Photo 各キャリアの単月シェアの推移

ボーダフォンの3G契約者が400万人を突破

 ドコモの3G契約(FOMA)は115万1500増の2736万8000となった。6月18日にFOMAの契約数がPDCの契約数を超えてからも(6月19日の記事参照)順調に契約数を伸ばしており、3G率は53%になった。auは6月とほぼ同じ32万8500増で、3G率は引き続き97%となっている。

 ボーダフォンはここにきて3Gへの移行ペースが上がっており、7月末に3G契約が400万を超えて401万8400に達した(8月7日の記事参照)。3G率も全契約数の4分の1を超えた。

グループ名 2006年6月純増数(3G) 累計(3G) 3G率
ドコモ 115万1500 2736万8000 53%
au(KDDI) 32万8500 2315万5600 97%
ボーダフォン 30万3000 401万8400 26%

auの着うたフル対応機種が901万台に

 各種サービスの対応状況は以下の通り。auの着うたフル対応機種が続々と増えており、6月の846万からさらに55万増えて901万台となった。同サービス対応機は5月に803万だったので、2カ月で100万弱増えたことになる。GPS搭載機も45万増の1987万で、この勢いだと8月末には2000万を超えそうだ。

グループ名 カメラ ムービー アプリ GPS 着うた Web
NTTドコモ 4240万 非公開 3710万 非公開 非公開 4699万3100
au(KDDI) 2213万 2184万 1930万(BREW) 1982万 2187万(うち着うたフル901万) 2120万2800
ボーダフォン 1328万900 920万5900 1172万3100 非公開 非公開 1290万8700
*「ムービー」は撮影した動画をメールで送信できる端末を指す。「Web」はボーダフォン2Gは対応機種台数、ドコモとau、ボーダフォン3Gは契約数。ドコモのカメラ付き端末の台数は、ドコモが発表したカメラ付きPDC端末の契約数とFOMAの契約数を合わせた数を表記

ウィルコムは6万5500の純増で410万契約を超える

 PHSの契約数は、総計で4万700の増加で累計は481万600を記録。ウィルコムが新機種の投入などもあって6万5500契約増と引き続き順調に契約数を増やしている。

 ドコモは2万4700の純減だが、依然65万4600契約ある。アステルグループは、YOZANがPHSサービスを終了したため、東北インテリジェント通信が提供している1万4200契約を残すのみとなっている。

グループ名 2006年7月純増 累計
ウィルコム 6万5500 414万1800
NTTドコモ −2万4700 65万4600
アステルグループ -100 1万4200
累計 4万700 481万600

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.