ニュース
» 2006年08月10日 11時50分 UPDATE

KDDI、「G'zOne W42CA」「W42H」の不具合を修正するソフト更新を開始

KDDIは、「G'zOne W42CA」「W42H」で確認されていた、特定の文字列を入力したり、その文字列が入ったメールを受信すると端末が再起動する不具合を修正するソフト更新を開始した。

[園部修,ITmedia]

 KDDIは8月10日、「G'zOne W42CA」および「W42H」で確認されていた不具合を修正するソフト更新の提供を始めた。

 G'zOne W42CAとW42Hでは、メールの宛先、件名、および本文に「%n」「%S」と入力したり、同文字列が入ったメールを受信すると端末が再起動するという不具合が報告されていた(8月3日の記事参照)。従来KDDIは「修正を希望するユーザーに預かり修理で対応する」としており、預かり修理には約1週間程度の時間を要していたが、ソフト更新を提供したことで、すべてのユーザーが「ケータイアップデート」機能を利用し、ネットワーク経由で不具合を修正できるようになった。

 ソフト更新の際のパケット通信料は無料。KDDIでは、所要時間は最長6分程度としている。

sa_ca.jpgsa_h.jpg 不具合が報告されていた「G'zOne W42CA」「W42H」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.