ニュース
» 2006年08月29日 23時01分 公開

“穴”を埋めてMNPに臨む――auの新サービス8種 (7/7)

[吉岡綾乃,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

話す内容に合わせて口の動き方も変わる動画メール――絵しゃべりメール

 「絵しゃべりメール」は、写真やキャラクターイラストなどの静止画に音声を合成して動画を作り、メールで送れるという機能。対応機種はW47T、DRAPE、W43SAの3機種で、月額利用料は105円。対応機種の発売に合わせてサービスを開始する。

 これは、米Pulse Entertainmentが開発したバーチャルキャラクター技術「Veepers」を使ったサービス。合成した音声の音を拾い、「あ」と言っているときは「あ」の口、というように唇を動かせるほか、まばたきをしたり、首をかしげたりという動作を交えることで、実際に話しているような自然な動画に仕上がる。

 静止画はサーバ上に用意された専用素材から選んで利用する。音声は用意された素材から選ぶほか、ユーザーが話した声を録音することもできる。作成できるムービーは最長15秒で、150Kバイト程度の容量になるという。

 作成したムービーはサーバ上に保管され、送りたい相手へはURL付きのメールが届く。メールのURLからアクセスすると、ムービーを端末へダウンロードして、再生できる仕組み。au端末で受信した場合は3GPP2ファイル、ドコモやボーダフォンの端末で受信した場合は3GPファイルとしてダウンロードするようになっている。端末に保存したデータは、着ムービーとして使える。

photo サーバに用意された静止画素材から好みのものを選び、音声を重ねるとムービーになる(写真左)。大仏がしゃべるムービーを再生中。正直、ちょっとコワイ(写真中)。作ったムービーは、サーバ上の「Myフォルダ」に保存しておけば何度でも送信できる(写真右)
前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう