ニュース
» 2006年09月05日 20時31分 UPDATE

「W43S」が東京コレクションに登場──光と色のファッションショー

あかりケータイ「W43S」をイメージした衣装が勢揃い──。ソニエリが、東京コレクションでファッションショーを開催した。光のドレスをまとった松下奈緒さんもモデルとして登場。

[後藤祥子,ITmedia]

 光に彩られた衣装をまとうモデルが「W43S」(8月28日の記事参照)を手にランウェイを闊歩する──。こんなファッションショーが東京コレクションで開催された。ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズが仕掛けた「『光』と『色』のファッションショー」だ。

 柏原エリナ、岩谷俊和(DRESS CAMP)、朝月真次郎(THEATER COSTUME HYSTORY)、三原康裕の4人のデザイナーが、W42Sをイメージした衣装をデザイン。それぞれが自分なりの解釈で、W43Sとファッションの融合を表現した。

sa_se7.jpgPhoto 色と光がテーマの衣装をまとったモデルたち

sa_se22.jpgPhoto W43SのテレビCMで音楽を担当したYA-KYIMもモデルとして登場。モデルに初挑戦した松下奈緒さんは、ピーコック柄のパネルをモチーフにした優雅なドレスでランウェイを彩った

 挨拶に立ったソニー・エリクソン・モバイルの石塚宏一常務は、W43Sの魅力を「開けても閉じても美しい携帯」と表現。12灯のLEDを配した光るパネルと、同社の液晶テレビ「BRAVIA」(8月30日の記事参照)で培った技術を取り入れた2.7インチワイドディスプレイがポイントだとし、「2つの美しさをどうやって伝えるかを考える中で行き着いたのが、“光る携帯と光るファッションの融合”だった」と説明した。「携帯の持つ新たな可能性を感じとってほしい」(石塚氏)

Photo ファッションショーにはソニエリの久保田幸雄社長も登場。「番号ポータビリティのスタートで、(携帯業界に)大きな変化が起ころうとしている。新しい価値やスタイルを提案していきたい」と話した
Photo YA-KYIMのドレスは、音や動作に反応して光るというもの。デザインは柏原エリナが手がけた

100種のパネルを表参道で展示──10月にイベント開催

Photo

 ファッションショーでは、今後開催予定のW43Sイベントについても触れられた。10月5日から11日まで、表参道ヒルズをジャックする「MTV×Sony Ericsson CREATIVE TREASURE BOX 2006 “発想の鍵を開けろ!”」と銘打ったイベントを開催。初日には、MTVのクリエイティブディレクターや国内外の著名なデザイナー、アーティスト、セレブがStyle-Upパネルをキャンバスにデザインした100種のパネルを公開する。同時にファッションブランド「サマンサタバサ」がデザインした「ケータイでできたシャンデリア」も公開する予定だ。

sa_se14.jpgPhoto ファッションショーの会場にはW43SのテレビCMで使われた衣装も展示

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.