調査リポート
» 2006年10月06日 23時00分 UPDATE

+D Voice:結果発表・番号ポータビリティ、あなたは利用しますか? (1/2)

+Dモバイル読者は、番号ポータビリティでキャリアを乗り換える予定があるのか。乗り換えるならどのキャリアを選ぶのか──。サービスインまで1カ月を切った今、利用動向がどのように変化したのかを調査した。

[後藤祥子,ITmedia]

 10月24日のサービスインまで1カ月を切った番号ポータビリティ。各キャリアとも、これまでにない数の新端末やサービスを揃えてその日に備えている。

 →HSDPA、光学3倍ズームの500万画素カメラも──ソフトバンク、13機種54色の新モデル

 →Rev.A対応、デザインケータイなど総勢12機種──auの秋冬モデル

 →防水や着うたフル、HSDPA携帯など10機種──ドコモの夏モデル

 しかしその一方で、キャリアとユーザーの間に若干の温度差がある感も否めない。理由の1つは「経年割引が引き継げない」「メールアドレスが引き継げない」といったことが乗り換えの足かせになっている点。もう1つは、キャリア間の競争が激化した結果、どのキャリアも似たようなサービスを提供することになり、以前に比べて“キャリアならでは”の魅力が薄れてしまった点だ(9月21日の記事参照)

 携帯キャリアの競争が激化する中、+Dモバイルユーザーの番号ポータビリティに対する意識はどのように変化したのか。調査結果を見ていこう。

  • 調査期間:9月21日〜25日
  • 調査形式:Webアンケート
  • 回答総数:2728
  • 男女比:男性87.4%、女性11.9%

 回答者の利用キャリアの内訳は、ドコモユーザーは46.9%、auユーザーが28%、ソフトバンクユーザーが22.9%、ウィルコムユーザーが1.6%、ツーカーユーザーが0.1%。平均年齢は31.3歳。


乗り換え意向のユーザーが半数を切る

 調査結果からは、5月に同様の調査を行ったときに比べて(6月8日の記事参照)、乗り換えたいと考えるユーザーは減少している。

Photo 乗り換え意向の動向。乗り換えたいとするユーザーは減少した

 前回の調査では、「すぐにでも乗り換えたい」「状況によっては乗り換える」という乗り換え意向のあるユーザーが5割を超えていたが、今回の調査ではそれが29.1%まで減少している。「絶対に乗り換えない」とするユーザーが、前回調査時の20.1%から37.9%と倍近く増加した点も見逃せない。

sa_nmp2.jpgsa_nmp3.jpgPhoto 利用キャリア別の乗り換え意向

 利用しているキャリア別で乗り換え意向を見ると、ドコモとauのユーザーの乗り換え意向はほぼ同様の比率となっているが、ソフトバンクの比率が大きく異なる。

 「既に予約を済ませた」「乗り換えたいと思っている」「状況によっては乗り換える」を合わせた比率を見ると、ドコモが22.2%、auが23.4%であるのに対し、ソフトバンクは49.3%と半数に迫る。既に予約を済ませたとするユーザーの比率も7.8%と最も多かった。

乗り換え先の人気ナンバーワンキャリアは

 乗り換え先として人気が高いキャリアを見てみると、各種調査会社のリサーチの結果と同様、auが半数以上を占める結果となった。「すでに予約を済ませた」とする回答者が選んだキャリアもauが62.2%とトップを獲得。ドコモは29.1%でソフトバンクは8.7%にとどまった。

Photo 乗り換えたいキャリア
※アンケートの質問が「絶対乗り換えるものとして回答してほしい」という条件付きだったため、利用しているキャリアと同じキャリアを選んだユーザーのデータは省いている
sa_nmp6.jpgsa_nmp7.jpgsa_nmp8.jpg

 各キャリアからの乗り換え先を見ると、ドコモユーザーの8割近くがauを希望し、auユーザーは7割超がドコモを希望。ソフトバンクユーザーは54.8%がau、45.2%がドコモを希望しており、ここでもauがドコモを若干リードした。

 なお、前回の調査と比べて顕著な違いが出たのは、auユーザーの乗り換え先キャリア。前回は48.2%だったボーダフォンへの乗り換え希望ユーザーが、今回は26.1%まで減少し、逆にドコモは7割超と増加している。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.