ニュース
» 2006年12月08日 19時15分 UPDATE

Bluetooth、数年後に100Mbpsへ──無線動画配信も想定。普及の鍵は“携帯” (1/2)

Bluetooth SIGエグゼクティブ・ディレクターのマイケル・フォーリー氏は、2008年初期にBluetoothの次世代バージョンで高速通信に対応する予定であることを明らかにした。100Mbpsの通信速度を目指し、動画データの配信も可能になるという。

[岩城俊介,ITmedia]
photo Bluetooth SIG エグゼクティブ・ディレクターのマイケル・フォーリー氏

 Bluetooth Special Interest Group(Bluetooth SIG)は12月8日、都内ホテルで記者説明会を実施。Bluetooth SIG エグゼクティブ・ディレクターのマイケル・フォーリー氏がBluetoothの現状と今後の取り組みを解説した。

 Bluetooth SIGは電気通信やコンピュータ、自動車、工業オートメーション、ネットワークなど各業界のリーディング企業により構成される産業団体だ。周波数ホッピング方式(FH:Frequency Hopping)の2.4GHz帯無線を使用する短距離無線通信仕様「Bluetooth」の開発と普及を推進する。推進メンバーとしてAgere Systems、Ericsson、Intel、Lenovo、Microsoft、Motorola、Nokia、東芝が推進メンバーとして名を連ね、6000社以上の提携・対応メンバーが参加する。

 Bluetooth機器の出荷台数はここ2年間、急激な躍進を遂げたとフォーリー氏。2005年度に約3億2800万台の機器を出荷し、2006年11月初旬には累計10億台を達成。2006年度は年間で4億台超の出荷を見込む。

 Bluetoothはケーブル接続なしで利用可能/低電力消費/低コスト/高い堅牢性などの特徴をいかし、携帯電話やPC(マウス/キーボードなどの周辺機器も含む)、ヘッドセット、オーディオヘッドフォン、自動車機器(カーナビ/カーオーディオ)、家庭用ゲーム機などに採用されている。

 現在、最も一般的な利用シーンは「携帯電話+ヘッドセット」だが、国内においてはワイヤレス音楽での利用シーンでのニーズが特に増えた(A2DP対応の携帯電話、携帯オーディオ向けBluetoothヘッドフォンなど)。そのほか車載機器、印刷機器などにもBluetooth対応機器が多数登場するなど、対応機器や利用シーンの幅も拡大している。

photophoto
photophoto プリンタやデジカメ、Bluetoothレシーバー内蔵のサングラス、車載キット、デジタル写真パネルなどBluetooth採用製品の幅・需要も広がっている
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.