ニュース
» 2006年12月22日 23時51分 UPDATE

築地本願寺がピンクに染まった夜──モトローラの発売記念パーティはMOTO Style全開

築地本願寺がホットピンクに染まった──。モトローラのM702iS/M702iG発売記念パーティは、ダンスあり、オペラあり、マグロあり、パリス・ヒルトンありのド派手なものだった。

[後藤祥子,ITmedia]

 モトローラが築地本願寺の特設会場で、M702iS/M702iG発売記念パーティを行った。会場には、渋谷のドコモショップを訪れて来店者を驚かせたパリス・ヒルトンさんも駆けつけ、イベントに花を添えた(12月22日の記事参照)

Photo 築地本願寺がモトローラロゴ入りのホットピンクに変身。道行く人を驚かせた
Photo 特設会場内もホットピンク。ホットピンクはM702iSのコンセプトカラー
Photo パーティ会場にはM702iS、M702iGを持ったモデルが

sa_mp03.jpgPhoto Motorola北アジア地域担当 コーポレート・バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャーのマイケル・テーテルマン氏とNTTドコモ営業本部販売部長の須藤章二氏

 挨拶に立ったMotorola北アジア地域担当 コーポレート・バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャーのマイケル・テーテルマン氏は、スリムなスタイリッシュモデルとしてワールドワイドで5000万台超の出荷を誇るRAZRシリーズを日本に投入できたことをうれしく思うと話すとともに、RAZRがスタイルにこだわった端末であることをアピール「RAZRは、まさに5000万ユーザーの自己表現手段。日本のユーザーも、このMOTORAZRの体験をぜひ共有してほしい」と呼びかけた。

 NTTドコモ営業本部販売部長の須藤章二氏は、12月14日から店頭に並んだM702iSの販売が好調だと説明。購入したユーザー層は20代から30代の男性が6〜7割を占めるといい、「デビッド・ベッカムを起用したCMで、さらにその層に合った製品であることをアピールできる」と自信を見せた。

 パーティでは「自己表現手段としての携帯」をアピールするMOTORAZRらしく、NYのクラブがそのまま日本に現れたかのような派手なパフォーマンスが繰り広げられ、来場者を楽しませていた。

sa_mp05.jpgPhoto 日本酒の乾杯でパーティが幕を開けた

sa_mp07.jpgPhoto 会場ではマグロ解体パフォーマンスも。マグロの前でM702iSを手に微笑むパリス・ヒルトンさんとMotorolaのマイケル・テーテルマン氏

sa_mp30.jpgsa_mp35.jpgPhoto 派手な衣装をまとったダンサーが次々登場

sa_mp31.jpgsa_mp32.jpgPhoto 激しいダンスの合間には、オペラも

sa_mp77.jpgPhoto 会場を回遊するパフォーマーたち。左の人は、かなり背が高い(クリックで全身)

sa_mp78.jpgPhoto ステージせましと踊るダンサーたち

sa_mp90.jpgsa_mp91.jpgPhoto スイーツもホットピンク

sa_mp95.jpgsa_mp96.jpgPhoto こうしてピンクな夜は更けていった

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.