ニュース
» 2007年01月26日 14時41分 UPDATE

ドコモ、英Vodafoneら、Linuxプラットフォームを推進するLiMo Foundationを設立

米Motorola、NEC、NTTドコモ、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、韓Samsung Electronics、英Vodafone Groupの6社が、Linuxベースの携帯電話用ソフトウェアプラットフォーム構築を推進する団体を設立した。

[園部修,ITmedia]

 米Motorola、NEC、NTTドコモ、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、韓Samsung Electronics、英Vodafone Groupの6社は1月26日、Linuxベースの携帯電話用ソフトウェアプラットフォーム構築を推進する団体「LiMo Foundation」(リモ・ファウンデーション)を設立した。

 LiMo Foundationは、2006年6月に6社がLinuxベースのプラットフォーム開発で合意した(2006年6月の記事参照)ことを受け設立された団体で、参画企業からは独立した非営利団体となっている。

 団体の目的は、携帯電話へのLinux搭載を拡大させること。世界中で発展し続ける携帯電話市場の要求に対応できる、Linuxベースの携帯電話用ソフトウェアプラットフォームを、共通のソースコード体系のもとで構築する。またAPI仕様とアーキテクチャーの開発に参画し、Linux OSベースの携帯電話用ソフトウェアプラットフォームで利用できる共通ソフトウェアコンポーネントを提供したい新規メンバー企業も募集する。

 さらにLiMo Foundationでは、

  • プラットフォームの分化(フラグメンテーション)を抑制する仕組みの構築
  • Linux OSベースの効率的な携帯電話向けエコシステムの構築
  • 既存の業界各種団体との連携
  • 業界各社(携帯電話メーカー、携帯電話事業者、半導体メーカー、ソフトウェア開発会社、インテグレータなど)への参画呼びかけ

もあわせて行っていく計画だ。

 活動指針、定款などの情報はLiMo FoundationのWebサイト(http://www.limofoundation.org/)で参照できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.